髪質で困るアナタが知らないと困る4⃣選 1-6 関内 美容室 くせ毛 白髪 髪質改善 | 関内 大人 美容室 くせ毛 白髪 髪質改善 縮毛矯正 HAPS ハプス おすすめ 

こんにちはこんばんはおはようございます

 

HAPSの廣瀬デス(^_-)-☆

 
 

 

多くのブログより選んで頂き誠にありがとうございます。

 

(*- -)(*_ _)ペコリ

 

本日からはミディアム・ロングの方へのブログ

 

 

その中でも、ゴワゴワ&ひろがる髪質のアナタへ

 

 

豆知識♪

 

 

気を付けるべきポイント

 
女性にとっては紫外線は、髪だけでなくお肌の大敵でもありますね。
 
夏になると、日焼け対策に頭を悩ませる女性もお多いのではないでしょうか。

紫外線を多く長時間浴びることによって、髪の毛だけではなく、
 
頭皮も大きなダメージを受けてしまいます。
 
日焼けはキューティクルを剥がし、うろこ状の重なりを悪くしてしまいます。
 
また、髪のタンパク質にダメージを与え、乾燥しやすくなり
 
、髪の色が赤っぽくなったりします。
 
ただし、冬でも紫外線はある程度ありますので
 
気を付けるべきポイントとさせて頂きました❢❢❢

 

 

 

その②ドライヤー

髪を洗った後、ドライヤーで髪を乾かす人がほとんどだと思います。

 

もちろん、髪は乾かしたほうがいいのです。

 

なぜなら、髪の毛は濡れて状態だと髪の毛同士が絡まってしまいます。

 

それが原因でキューティクルが剥がれやすくなってしまうからです。

 

ドライヤーなどを使って髪を乾かしますが、

 

ドライヤーをあまりにも長時間使っていると、

 

それだけ髪の毛にダメージを与えてしまうことになります。

 

また、早く乾かそうとして、ドライヤーを近づけて使ってしまうこともありますね。

 

どちらも、髪のキューティクルを傷める原因となるのです。

ヘアスタイルを直すためにコテなどを使う場合など、

 

直接熱を当てるわけですから、さらに髪が痛みやすくなります。

 

髪のバサバサ感を直すには、あまり直接的に熱を加えないようにしましょう。

 

その③シャンプー

毎日行なっているシャンプーでも、

 

髪のごわつきやパサパサ感が発生します。

 

市販のシャンプーなど、髪の毛や頭皮の汚れを落とすため、

 

強い洗浄力があるものもあります。

 

洗浄力があまりにも強すぎると、髪の毛に必要な水分まで奪ってしまい、

 

さらにキューティクルも剥がれやすくなってしまいます。

 

また、髪の潤いを保つための油分まで、

 

必要以上に洗い流してしまうことになります。

 

それらが原因で、髪が乾燥し傷んでしまうのです。
 

また、シャンプーの仕方でも髪の毛を傷めてしまうことがあります。

 

髪が濡れている状態だと、キューティクルが開いています。

 

その状態で、ゴシゴシ乱暴に洗っていては、キューティクルに摩擦が生じ、

 

髪が傷んでしまい、ごわつき感やパサパサした感じになってしまいます。

 

また、夜髪を洗い、夏場など寝ている時に汗をかいたからといって、

 

朝にまたシャンプーをする人もいるのではないでしょうか。

 

シャンプーは基本的に頭皮の油分を奪ってしまいます。

 

寝癖などでヘアスタイルが乱れているという理由で、

 

朝シャンプーする人もいるかと思います。

 

失われた油分を朝またシャンプーすることで、さらに奪ってしまうのです。

 

これは、頭皮のトラブルの原因となる場合があります。

 

基本的に、朝のシャンプーは極力避けたほうがいいでしょう。

 

 

その④乾燥

 
 

空気の乾燥は、静電気を起こしやすくします。

 

乾燥は冬場だけではありません。

 

夏場は確かにジメジメしていますが、

 

室内のクーラーの効いた部屋も乾燥しているのです。

静電気の摩擦によってキューティクルも傷んでしまいます。

 

加湿器を使うなどして、乾燥から髪を守りましょう。

 

 

 

 

まとめ

今回は家庭での気を付けるべきポイントを
 
改めての記事になりましたが

 

 

何か少しでも参考になれば幸いです

 

 

少しでもヘアライフが良くなることを

 

心よりお祈り申し上げます

 

 

 

最後までお読みいただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

次回は

 

カラーの際に気を付けるべきポイント❢❢❢

 

 

 

 

 

 HAPS ホームページ

 

友だち追加

LINEからも御予約・御相談・求人

 

御待ちしております🙇