こんにちは
フラクタル心理学カウンセラーの
直井知子(ちこ)です。


住まいの東と北側は林が続いていて、
家の後ろ側は
緑に覆われた
とてもステキな空間でした。

家はすっぽり林に囲まれて、
高台にある家は木の間から
少し見えるその感じは
とても好きな風景でした。


最近、家の北側と東側が分譲され、
すぐに宅地造成が始まりました。

分譲となると枯れ葉が落ちることもあり、
家の木々も境界線の近くは
伐採されることになりました。>_<

ここに住み始めて38年。
子どもたちはここで育ちました。

ずっと変わらなかった山の景色が
今変わろうとしています。

よく今まで保てたようにも思いました。

林の木々が、
ブルトーザーの大きなハサミで
次々と容赦なくカットされていきます。

樹齢100年も経っている木もありました。

まだその先の北側は、
林が残ってますが、
見事に家を取り囲んでいた緑は
すっかり無くなりました。😱


家は私

これはどんな意味があるのかと思いました。

現実を見よ。

今まで隠れていて、
見えていなかった家の後ろ側は
かなり老朽化して
気になるところが目につきます。

家の前の方は改装もしていましたが、
後ろ側は使っていないところは
そのままでした。

自分に置き換えると
表層意識で捉えたことばかりに
意識が向いていたことに
色々思い当たりました。

本当の心の中の声に耳を傾けていたか?

これからの目的に繋がっていくような
地道ではあるけど必要なことに
意識を向けてきたかどうか。


目先のことが気になって
心の中の声に言い訳したり
勘違いに気づいたり。

周りの木々がなくなって
そこにある家の姿に
これからの課題が
見えました。

木の伐採も、
目の前で現実に起きていることは
全てが、自分と関係あることです。

本当にやるべきことを
言い訳して後回しにしたことは
こんな形で現象化したのです。


徐々でなく、一気にすっぽりと
無くなってしまった。
伐採の後の根っこの残された赤土を見て
色々と思うところです。

ある意味、本当に
頑なさを持っている自分。

こんな風に変わらなけれは、
受け入れられないくらい
自分の考え方に
固執していたところもありました。

自分が正しいと思うから
やってきたことも

結果が目的だから
望むことの結果につながっていなかったら
それは違います。



全てが自分ということは
在りたい未来を創るには
今から変えれば良いのです。✨✨


夕方、
木の枝が庭の方まで飛んできたのを
拾って集めてました。

ちょうど、陽が落ちる時。

今までは木々で隠れていた西の空が
暁色にもえ
そこから見た風景は、
とても美しい夕映えでした。✨

今の現実を受け入れること。

全ては必然。
これから、今一度深層意識の声
(周りで起こることや人の言葉)も
ちゃんと受け止めて
本当に望むことに向けて
一歩一歩進んでいこうと思います。

殺風景になってしまった上り坂の途中は
紫陽花を植えて、色々愉しめる


この美しい夕映えに
これからの未来を
空想した日でした。