元奥さんの話 | 不安を小さくして人生を生きやすくして、素敵なパートナーシップを組む方法。

不安を小さくして人生を生きやすくして、素敵なパートナーシップを組む方法。

「自分らしく、自分にウソを付かず生きる」

雇われ社長時代、年収1億円以上いただいていたある会社を辞任し、いきなり年収0円になった人間が、自分らしく生き始めた。

社長になっても学ぶことのできなかった
心のこと、伝えます。


テーマ:

 

 

 

 

わたし、

離婚歴があります(^^)

10年以上前に。

 

 

 

 

 

 

 

元奥さんとの間に息子もいるんだよね。

1歳半から会っていなかった。今年14歳になる息子

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、何と

 

今年の3月に元奥さんと十数年ぶりに会った。

それからちょくちょく会ってる。

 

 

 

 

 

 

 

昔とさほど変わっていない元奥さん。

 

とてもなつかしい感じがした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わたしは心のこと学んで、

 

いまは元奥さんとの思い出も

 

ホントに素敵な思い出しか思い出せず

 

 

 

元奥さんに感謝しかない。

 

 

 

 

 

 

 

でも、やはり元奥さんはたくさん我慢していたんだね。

 

 

 

いっぱい、たまったモノがあった。

 

 

 

 

 

 

 

それをわたしは「うん、うん」ってずっと聴き続けた。

 

 

 

 

 

十年以上たまったモノは

そんなに簡単には吐き切れない。

 

まだまだ元奥さんは言い足りない感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

そうか、そうか。

 

そんなに我慢をさせていたんだね。

 

 

 

 

 

ごめんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当時のわたしは24歳。

 

部長になりたての頃のわたし。

 

 

 

 

 

会社で出世して、

たくさんのお給料をいただいたら

幸せになれるんじゃないかって思い込んでいた頃のわたし。

 

 

 

 

 

 

その分、

 

不安もたくさんあった。

 

 

 

 

 

 

 

だから、

自分が安心したくて、

いっぱい他人をジャッジして批判しまくってた 笑

 

 

 

 

 

その不安な気持ちを

一番そばにいた元奥さんに

ぶつけてきたんだね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昔の自分を恥じた。

 

 

 

 

罪悪感で胸がいっぱいになった。

張り裂けてしまいそうなほどに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その大きな罪悪感

 

避けずに受け入れて

 

 

そんな元奥さん存在をまるごと承認した。

 

またその全てを受け止めようっていう態度がムカつくって言われるけど 笑

わたしはこれからもし続けるよ。

 

 

 

 

 

 

 

当時のわたしは、

 

自分と向き合うのが怖くて

 

ふたりの向き合うべき課題にすら向き合わず

 

離婚をしてしまった。

 

離婚したホントの理由すら、元奥さんは解からないと思う。

 

 

 

 

 

 

 

だからこそ、

 

 

いま

 

わたしはその課題に真剣に向き合っていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わたしは

 

 

 

元奥さんに

 

本気で感謝してる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この前、

 

十数年ぶりに再会した「息子」の

 

運動会があるって

 

 

 

元奥さんが教えてくれて…

 

 

 

 

 

 

 

こっそり参加した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしたら、息子。

 

 

騎馬戦でハッピ着て大将してた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すげー、かっこよかった。

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

{B87021B8-24E7-4678-80CD-A8B3E2DD3D80}


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

騎馬戦の結果、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あっさり負けた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

元奥さんは

 

「あぁ~負けちゃった~」

 

「相手がズルした~」とか

 

「ホントはもっとできるんだよ~」とか

 

 

 

普段の何気ない日常に

 

この運動会があったけど、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わたし、

 

 

 

 

勝敗なんて関係なくてさ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ずっと

 

 

涙が止まらなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

息子をこんなにも素敵に立派に育ててくれた

 

 

元奥さんに

 

心から感謝した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

嬉しくて幸せすぎて

 

校庭の保護者席で

 

 

 

 

 

ひとり泣いていた。

 

 

 

 

 

 

 

始めは『男たるもの泣くことはあかん!』みたいな

わけ解からん観念が出て来たけど 笑

 

 

 

 

 

 

 

 

感情に逆らわず

 

 

全てをあるがままに受け止めて…

 

 

 

 

 

 

 

 

わんわん泣いた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

幸せや~~~~~~!!!!

 

 

 

わたしはホントに幸せ者や~~~~~~~!!!!!!

 

 

 

 

 

って、心で大きく叫びながら

 

言葉では小さく呟きながら 笑

 

 

 

 

 

 

 

わんわん泣いた。

 

周りの人は何事だと、ビックリしていたけど(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わたしは元奥さんに

 

 

憎まれていることは知っています。

 

 

「キライ」って思われていることも知ってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、わたしは元奥さんにこの言葉しか出てきません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホント、ありがとう。

 

 

 

心から感謝してます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わたしは、

 

これからも元奥さんの幸せを

 

心から応援していきます(*^^*)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それはわたしが勝手にすることだから。

 

 

たとえ元奥さんに嫌がられても、

こそこそと全力で応援していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ありがとう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これが、別れて10年以上経過した

元夫の素直な気持ちです。

 

 

 

 

 

離婚を経験した皆さんに幸あれ(*^^*)

 

 

 

 

 

 

 

過去記事

 

子育てってイライラすることあるよね~。

以前のオレと今のわたしの「不安に対する会話劇」①

「縦の世界」から「横の世界」へ

 

 

たかぴーさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス