★★ 何に面白さを感じる人か ★★


厚生労働省が発表した
「平成28年度能力開発基本調査」では
キャリアに関する相談の有効性の
トップ5は


1位 仕事に対する意識が高まった
2位 上司・部下との意思疎通が円滑になった
3位 自分の目指すべきキャリアが明確になった
4位 自己啓発を行うきっかけになった
5位 現在の会社で働き続ける意欲が湧いた


相談を受ける方が得たい成果
なのかもしれません。


本当は皆、与えられた職場で
面白く仕事を行っていきたい
のではないかと思います。


自分の大切な命を使っていますから。


私の場合、これまで関わったどの上司も
部下である私に対して、これらの5つの
働きかけをしてくださっていました。


部下の知識・スキル・人間的成長を信じて
自然に働きかけてくださっていたように思います。


資格はなくても
私の周りにはキャリアカウンセラーのような
働きかけをしてくれる方が常にいたのは
幸運としか言いようがありません。


面白かったことはたくさんありますが
そのひとつは、工場長秘書をしていた時
いつも急に「今週の良品率は?」等と
クイズのように問われます。


答えられないと悔しいので
常に良品率をチェックする私でした。
そこで答えられる喜びを味わったのです。


そうすると他の部門の方から
質問があったときも
スムーズに答えられますし
製造工程や製品にも興味が持てて
仕事に対する視野が広がった気がしたのを
覚えています。


これは私の1つの経験なので
同じように働きかけられても
違う想いをする方もいらっしゃると思います。
その人に合わせて関わることを
上司は意識していたかもしれません。


あなたはどんなことに面白さを感じますか?
仕事の中でそれを感じられていますか?


-----------------------------------

経験は「力」、「キャリア」の礎、
経験の「機会」、活躍の「場」は
自ら作る

-----------------------------------


●おもいやりしぐさワンポイントレッスン
  
 メールの返信24時間以内を目指す 
 相手の待ち時間を減らすおもいやり

    
※「おもいやりしぐさ」はSur・KURAの
 登録商標です。