こんにんちは🎶

 

笑顔相続サロン®京都~ここはーと相続サポート事務所~

代表で相続診断士の小笹美和です。

 

今日は

YouTube番組「ミスズマン」でもお話しをしている

「見守り契約」についてのご紹介です。




 

見守り契約とは…ご本人の判断能力がしっかりされている間も、電話や訪問によって定期的に連絡を取ることで、ご本人の心身の健康状況を把握し生活を見守ることです。

 

《どんな方が対象?》

・独身の方

・子どもがおらず配偶者を既になくされている方

・家族(親戚)が遠方にいるおひとり暮らしの方

・認知症になるかもしれないと心配で任意後見契約を検討(契約)している方

・高齢になるにつれて生活上に不安があり見守り支援を必要とする方

 

《具体的にどんなことをしてくれるの?》

◎日常の見守り

定期的な訪問⇒定期的な訪問を行うことで本人の健康状態の確認や生活状況の確認、認知症の発症や進行状況などの確認

定期的な電話連絡⇒週1回~電話連絡を行うことで本人の声色から心身の状況を把握。生活上の不安がある場合などは定期訪問を早めたり臨時で訪問することもある。

生活上の心配事の相談⇒生活上で不安なことをお聞きし適宜支援を行っている。

郵便物の確認や補助。契約上で不安なことの相談・補助など

日常生活の中で不安に思うことは人それぞれ、その方に合わせた支援をおこなっています。

介護サービスとの連携⇒ケアマネジャーや介護従事者との連携を積極的に行うことで情報の共有、本人の健康状態の変化に備えます。

◎緊急時の対応や駆けつけ

◎外出同行⇒本人一人では行いにくい銀行や役所への同行を行い手続きの補助、必要に応じ、またその方の状況に応じて病院への受診同行や入院時の同行などを行う。

 

見守り契約は元気で自分で生活ができるレベルですが、高齢になり生活上でちょっとした不安を取り除くことで安心した生活を少しでも長く行ってもらうための支援です。

動けなくなった時の財産管理委任契約や認知症で判断能力がなくなった時の任意後見契約と併せて契約しておくことが良い選択でもあります。

その方の生活スタイルに合わせて

訪問のみ、電話のみ、必要なときに相談したいなど

カスタマイズできます。

 

「介護に強い相続診断士」が行う見守り契約は

介護の視点から見守っています。

 

少しでも長く住み慣れた自宅で暮らしたい…

だれもが思う希望です。

でももしも施設に入らないといけないタイミングが来ても

見守り契約を行っておくことで

支援をさせて頂けることが多くあります。

 

私がうかがって行っている「見守り契約」の詳細は

YouTube番組「ミスズマン」でお聞きください!

コチラから⇓⇓⇓

おもいやりの学校 社会整理士編 お〜ちゃんの見守り契約とは???

 

私が事務局長を務める

(一社)社会整理士育成協会のブログはコチラ!

 

✨お問い合わせ✨

笑顔相続サロン®京都~ここはーと相続サポート事務所~

代表小笹美和(おざさみわ)

TEL:075-950-0397

mail: masyamaro713@gmeil.com

ホームページはコチラ!