こんにちは!

思春期がラクになる!親子の会話アドバイザー 市川弘美です。

 

『子どもに肯定的に関わりたい、どんな言葉がけをしたらいいか具体的に知りたい方へ』

 

子どもへの肯定的な言葉がけや共感する聞き方を学べる、

「子どもに自信を持たせる関わり方で自主性を育て、子育てがラクになる」

やる気アップセミナー開催のご案内です。

 

 

子育ては待ったなしで過ぎていきます。

 

忙しく余裕がなくて、言いたくない否定的な言葉を子どもにかけてしまうとき、こんなことで悩んでいませんか?

 

・子どもがやりたくないことを先延ばしにする。

 

・ついつい否定メッセージを出しすぎて負のスパイラルに入ってしまっている。

 

・子どものやる気をどうすればうまく見つけられるのか。

 

・子どもがしてほしいと言ったことを、どこまで手伝えばいいか。

 

・学校を行くのをイヤがり、どういう風に声をかけていいのかわからない。

 

 

子どもがやるべきことをやらず、テレビやゲームに時間をとられ、「やりなさい」を何度も言ってしまうことってありますよね。

 

 

でも言葉とはうらはらに、本当は子どもに肯定的な言葉をかけて、子どもを伸ばしたいと思っていませんか?

 

このセミナーでは、本当の気持ちを伝えられる肯定的な声かけを具体的に知ることができます。

 

 

・子どもに対しての言い方・聞き方を、今日から使える会話でお伝えします。
 

・肯定の言葉を使って、まずは子どもの発した同じ言葉をくり返す「オウム返し」のやり方が分かります。

 

・子どものやる気がアップする声かけのコツとタイミングが具体的に分かります。

 

 

そして、肯定的に関わり、子どものやる気を起こして、自信を持たせる声かけをすると、子どもの反応が必ず変わります。

 

 

・子どもの個性を伸ばす関わりをして、子どもがいきいきと自信を持ちます。

 

・好きなことに夢中になり、勉強するときは集中し、メリハリがつきます。

 

・共感しながら話を聞いたり、肯定的な声かけをすることで、子どもの情緒の安定とともに、やる気も自己肯定感もアップします。

 

・子どもがやる気が出ないときも、見守っていられます。信じて待つ子育てができます。

 

・手伝っても自立をじゃましない関わり方が分かり、子どもは親の愛情を感じて育ちます。

親も愛情をそそぎながら、子どもの自立のサポートができます。

 

・やる気をアップさせる、会話のパターン(法則)が分かります。
パターンを続ければ、こっちのもんです(笑)

 

遊びと勉強のメリハリがつき、意欲的に自信を持って取り組む子どものすがたを見守ることができます。

親としても張り合いがあり幸せですね。

 

ママの言葉しだいで、子どもって本当に変わるんです。

 

IMG_1660.jpg

 

「肯定されることの大切さ」と「自分も言われたらイヤな言葉」の両方を、セミナーのワークで体感していただけます。

 

子どもへの関わり方が「分かる」だけではなくて、学んだことをそのまま自宅で必ず実践できるのが、このセミナーの特長です。

 

 

セミナーの具体的な内容をご紹介します♪

 

1.やる気とは
・やる気が出るときは、どんな状況? どんな感情?
・子どもの長所や個性が伸びるワーク

2.肯定のことばいろいろ
・ほめことばよりも、〇〇〇
・評価が子どもに与える影響

3.親の対応
・やる気ダウンする否定的な親の関わり方を分析
・やる気アップす効果的な親の関わり方を体感
・自立を助ける甘えさせ方と、自立をはばむ過保護のちがい

4.子どもがグングン伸びる肯定的な関わり方
・視点を変えると「いいとこさがし」が得意になる。

・自己肯定感もやる気もアップして、子どもに自信がつく声かけの実践

 

 

 

 


こちらのセミナーは、過去2回開催し21名のかたが受講されました。
回を重ねるたびにブラッシュアップしています。


受講された方からは、こんな感想をいただいています。
下段は、お子さまの年齢とイニシャルです。

 

普段の会話のパターンを見直す機会になりました。
ロールプレイングは効果的であると感じた。記述することも、自分のケース、子供のケースを色々考えるよい機会だった。

小学低学年、高校2二人 神戸市 Mさん

 

 

共感の仕方や肯定的な表現がわかりました。
まず受け止める、それをやってみます。

小学低学年、高学年 徳島市 HSさん

 

 

肯定されることの大切さ、頭では分かっていても実際に体験してみて実感できた。子どももそうなんだろうなあと、思いをはせることができた。

小学校低学年、高学年 神戸市 JNさん

 

 

息子の長所を改めて見直すことができ、スタートラインに立って認めて応援したい気持ちになりました。

ありがとうございました。
反抗期の親子関係で「いとおしさ」よりイラ立ちの日々でしたが、初心に戻れたようなきがします。

高校生 神戸市 AKさん

 

 

 

参加された方の意見を聞けて、「なるほど」とか、「同じだな」と思えたことが良かった。

小学校低学年 神戸市 YSさん

 

 

子どもに対してどういう言葉かけをしたらいいか具体的にわかってよかったです。

幼稚園以下、小学校低学年 神戸市Oさん

 

 

子どもに対してだけじゃなく、人間関係にすぐ生かせそうです。
子どものやる気をつんでいたことに改めてきづくことができました。ありがとうございました。

小学高学年2人、中学3年 神戸市 FYさん

 

 

聴く姿勢を具体的に示してくださったのが印象的でした。その姿勢から、自分だけのための時間、考えたり思ったりしたことを話すことを、待ってもらえる安心感を感じました。

他の方の意見や考えをうかがうと、人それぞれ違うんだと再確認できました。

中学生、高校生 神戸市 KIさん

 

 

自分を肯定的に客観的に考える機会がすくなくなっていたので、自らをかえりみる良い機会になりました。
自分も言われてイヤな会話を多発しているので反省です。
親の気持ち次第だと感じました。

神戸市 幼稚園以下 神戸市 YNさん

 

 

子どもに自信を持たせてあげることがわかりました。
高校生の子どもをまったく認めてあげてないことがわかりました。
聞き方のトレーニング方法、勉強になりました。

自分自身が変わらないといけないと思いました。
自分の言葉は、親からの言われていた言葉が多く、その言葉を子どもに伝えない様にしないといけないと思いました(命令、脅迫、非難、ごまかし)

小学高学年、高校 神戸市 小西麻里子さん

 


子どもの長所を伸ばしたい思いはあっても、どんなふうに関わって声かけをしていけばいいか迷っておられたご様子。

セミナーで疑問や迷いが晴れて、子どもへの関わり方がはっきりとイメージできました。

当たり前にしていた何気ない会話が、実は子どものやる気をつんでいた。
ちょっと悲しくなりますが、気づいたことでこれからは、子どもに肯定的に関わり、自信をつけさせる声かけに変わりますね。



子どもは自信を持つと、行動も目の輝きも変わります。

 

それは、ママの関わり方次第です。

 

 

それでは、セミナーの詳細です。

 

『子どもに自信を持たせる関わり方で自主性を育て、子育てがラクになる』やる気アップセミナー

【日時】
2017年3月13日(月) 10時~12時

【場所】
神戸三宮センタープラザ会議室 7号室
〒650-0021 神戸市中央区三宮町2丁目11番1-604号 センタープラザ西館6階 
JR・阪急・阪神 各線三宮駅から徒歩6分

 


【参加費】
6,000円
※事前口座振込み、またはクレジットカード決済

【お申込み】
お申し込みはこちらをクリックしてください。

【定員】
6名

 

 

子どもにキツク言ったり、否定的な言葉をもう使いたくない方、セミナーを受けて、子どもへの関わりを、すべて肯定的な声かけにしましょう。

必ず実践できるセミナーです。


少人数の開催ですので、アットホームにおしゃべりしましょうね。

 

お1人おひとりのお話を聞きながら進めさせていただきます。

ママどうしのつながりもできます。他の家庭での話も聞けたり、情報交換しながら楽しみましょうね♪

 

 

ご一緒できるのを楽しみにしています。
 

 

IMG_0633.jpg