今年のお庭曼珠沙華

テーマ:

9月の彼岸頃に開花する彼岸花。

曼珠沙華という方が、響き的にはっぴぃは好きだけど。


(仏教の経典で「天界に咲く花」というところから付けられたらしいです)


毎年ではないかもだけど、権現堂の曼珠沙華まつり の時期には、

ダーリンが連れて行ってくれるのですが、

ちょっと遠くて気軽に行けるわけではないので(車で一時間半ほど)、

毎年「どうしようかなー」と悩みます。


今年もどうしようかなー

だってお庭に咲いてきたんだもん(笑)



庭の曼珠沙華(望遠1)


でもこの程度(笑)


毎年毎年球根が成長してるのか、

でも去年まで咲いていなかったところにも咲いてるから、どこでどうやって移動してきたんだか、

少しずつ生息域を伸ばしていますが、

ポツポツと関係のないところから出現しているので、

曼珠沙華で有名な地のように、群生はしていません。


やはり圧巻の赤い絨毯を見たければ、そして珍しい白花曼珠沙華を見たければ、

権現堂行きかな。


冒頭の写真は、75-300mmの望遠ズームレンズで撮りました。

18-55mmの標準ズームレンズも持っているけど、

望遠マクロの後ろボケが好きなので、距離と光を稼げる限り、75-300mmで撮っています。


単焦点100mmマクロレンズも持っているのですが、重いし、

なにより単焦点マクロのため、絵が限定されてしまいます。


でもせっかくおうちの敷地内で自由に撮れるため、

単焦点100mmマクロレンズも使ってみました。



庭の曼珠沙華(マクロ1)


蕊中心の写真(笑)


庭の曼珠沙華(マクロ蕊)


もはやもぅ蕊のみ状態(笑)

別の生物のようだ(爆)



庭の曼珠沙華(マクロ2)

蕊じゃなく、花の根元をクローズアップしてみたら、画面全体が真っ赤っかです(笑)



庭の曼珠沙華(マクロ3)


↑は蕾がまだあるので、もう少し楽しめそうです♪


やっぱり単焦点100mmは一般的でなく、マニアックなんだなーと実感(笑)

しかもお花は基本、マルミのソフトファンタジー(ソフトフィルター)を装着するのがほとんどです。

柔らかく撮れるんだもん♪


単焦点レンズの重さに耐えられなかったのと、

そろそろ全体的に撮りたくなってきたので、75-300mmの望遠ズームレンズに付け替え。



庭の曼珠沙華(望遠2)


まぁ王道的な写真ですな(笑)



庭の曼珠沙華(望遠3)


これもね(笑)



一時期、手軽なミラーレス一眼も考えたのですが、

広角な風景や何気ない景色は得意そうだけど、

やはり望遠マクロを求めるなら、ゴッツイ一眼レフの方が、自分的に好みかもと思って、

いまだに重いカメラをぶら下げています(笑)


しかも一番安価だった、75-300mmのペンタックス FA-Jレンズが愛用とか(笑)


開発発売がフィルムカメラからの頃からのレンズなので、とてもリーズナボーで、

(フィルム・デジタル兼用レンズ。デジタル専用レンズはちょっとお高めです)

たしか一万数千円程度だったと思います。


一度落下して、割れはしなかったけど機能が半死状態になり、

レンズより若干お安いくらいの値段を出して(一万くらい)、直してもらったレンズです。


買い換えた方が早かったのですが、

やっぱりカメラやレンズは、自分の瞳みたいな存在なので、

簡単にはサヨナラできないものです。


先程撮った、お庭の曼珠沙華の写真を整理していたら、

最初の方に別の日に撮った写真が残っていました。



2015.7.25日の空


二ヶ月くらい前の、7月25日の夕方の空です。


上の写真が19:07、

下の写真が19:08。


1分しか変わらないのに、上の写真は赤味が強く残り、

下の写真は黄味が増しています。


空模様って不思議~☆


前の環境にいた時には、高層階に住んでいたので、

電線に邪魔されることもなく、空がとても近く感じられ、

毎日のように空の写真を撮っていました。


当時の自分にとっては、「写真を撮ること=現実逃避」でもありましたし(笑)


その頃は、お花の写真も多かったのは、家にいたくなかったから(苦笑)

外で花や風景や空を撮っている時だけが、心安らぐひとときでした。


今はひとりでどこかへ撮りに行くことは、全くと行っていいほどしていません。

今はひとりの時間があれば、おうちでハンドメイドをやっていたいから(笑)


そしてダーリンが連れて行ってくれる時は、

きっとあまりお花に興味がないであろうダーリンに気遣い、

今撮れる絵を、瞬時にソッコーで撮っています(笑)


以前は色合いだの、明るさだの、構図だの、色々こだわっていましたが、

今は時間だけが勝負(笑)


今は「写真を撮ること=現実逃避」ではないし、

だからこそ撮影に気負わなくなり、写真に対する完璧さも求めなくなりました(笑)


クオリティーとか腕が落ちたと言われれば、その通りです。


でも自分のモヤモヤを写真や言葉に投影するより、

たとえ初心者レベルから脱皮できないと言われようが、

(言ってる人はまだいないけど(笑))

自分が楽しければそれで良いと思います。


自分が楽しいということは、周りにいる人も穏やかに感じてくれているはずだから…



2017.7.25日の月


同じ日、7月25日の月。


なんで月を撮ろうと思ったのかなー

すごく明るくて、赤味の残る空が綺麗だったからかなー


忘れちゃったけど、きっと「撮りたい」と動かされるものがあったから、

撮ったのだろうなー


うっすら記憶に残っているのは、ダーリンもお休みの日で、

ふたりで「空が綺麗だね~」って話しながら撮ったこと。


そういう時間、これからも少しずつでも良いから、

持っていきたいな…





パステル和(NAGOMI)アート・結晶の花

TCカラーセラピー・数秘&カラー


「カラー de はっぴぃ」バナー

パステルアート 「カラー de はっぴぃ」


現時点での予約可能日です。

今後変更になることもあります。


9月20日(日)・24日(木)・26日(土)・28日(月)・30日(水)

AD