音楽も言葉の表現も、ヒットするものには黄金の型が存在するのかもしれない。 | 地中海・スペイン式ライフスタイル〜ラパシオン・智子のブログ〜
新型コロナウイルスに関する情報について

音楽も言葉の表現も、ヒットするものには黄金の型が存在するのかもしれない。

今日は、最近いちばんの気付きをシェアします。

 

それは

「音楽と言葉の表現に黄金の型が存在するかもしれない」

ということです。

 

音楽に王道の黄金の型が存在するのは確かだと知ったばかりですが、

どうやら言葉の表現にも存在するようです。

 

image

 

 

 

きっかけはピアニスト清塚さんのクラブハウスです。

room終了前10分の間に入ったとき、

わたしの長年の謎が10分で解けてしまいました!

 

クラブハウスとは。

 

 

image

 

 

 

清塚さんのクラブハウスでのトークにて、

「カノン進行」という言葉が出てきたんです。

説明しながら実演でカノン進行が使われているヒット曲も

弾いてくださいました。

 

そのときヒット曲には「カノン進行」のような

ヒットしやすい王道のコード進行が存在することを知ったんです。

 

その時の驚きと言ったら!!!

「だからか〜!」と膝をトントン叩いたほどです。笑

 

もともとエレクトーンを習っていたので、

曲を弾くときに、

「コード進行が似ているところがあるな〜」

そんなことを感覚では理解してました。

 

けれども理論を勉強したことがなかったんですね。

 

それで「王道のヒットソングには、黄金の型が使われていた」と

わかったことがスッキリしたのです。

さらに、カノン進行以外にはどんなコード進行があるんだろう?

すぐに調べましたよね。

 

ジャズ進行だとか、

小室進行だとか、笑

見つけていないけど、

たぶんサザン進行もあるはず。笑

 

それで、です。

 

音楽における黄金のコード進行という「型」が数々があるように、

言葉の表現の世界にも、黄金の型がありそうなんです。

 

なぜ「言葉の表現に存在する」と、

言い切っていないのか?

それは今、言葉について改めて学び始めたからです。

 

言葉を学ぶ理由のひとつには、

スペイン産オリーブオイルの素晴らしさや

ラパシオンの味わいの素晴らしさ

まだ知らない方にお伝えしきれていないから。

 

 

 

 

学んだことは、先生に確認してから

シェアできる範囲でみなさんにもお伝えしていきたいです。

 

そういうわけで、わたしの中で音楽と言葉の表現が

つながってきています。

音楽のコード進行に黄金の型があるように、

表現にも黄金の型が存在するのだな。。。きっと。