”★仕事とは” | 地中海料理というスタイル、暮らし方〜スペイン式美食術とは〜

”★仕事とは”

「仕事」とは、 

 

自分が伝えたい(表現したい)ものを

伝えたい方法(ツール)で

伝えたいように

伝えること。 

 

 

それが、仕事。 

 


そう、仕事とは「労働」ではなく

「表現」なのです。 

 

 

 

だから

仕事のために、自分があるのではなくて

自分を表現するために仕事をする(使う)のです。 

 

 


そして、そうやって

人生を使って自分を表現する、 

 




—-

心屋仁之助さんのブログより一部抜粋



全文はこちらのリブログから。



何というタイミングなのか、
昨日8/1の明け方に泣きながら目が覚めた。

夢を見て泣いていたようだ。




目が覚めた意識がでてきても、
私は夢から覚めても涙が止まらなかった。

その夢がとても怖く、
私が最も恐れていることをみてしまったから。
決してSFのようなものではなかったから。


夢でよかった。

夢だから大丈夫。


そう思うのだけど、
そうならないように全力を尽くして生きていくのだ!
そのように思う私だった。

そして、そうならないようにどうすれば良いかもすべて自分がわかっている気がした。

むしろ夢で見て、
ここが転機なんだよ、
ここで意識を変えて、
言い訳しないで、
やれることをやるときなんだよ、
そう教えてもらってる気が、した。



とにかく私は、その夢があまりにも怖かったので、
起きてダイニングテーブルにノートを出し、
どうすれば良いのかをメモしていった。

頭なのか、心なのかわからないけれど、
言葉がどんどん溢れていたから、
書いている手が追いつかないスピードだった。

一言も漏らしたくなくて、
夢中に書いていった。

30分くらいだろうか、
そのページ数は、
A5ノートの見開き5ページを超えた。

そして、8/2の今日、
夢を見ていないけれど、
また明け方に目が覚めた。

久々にブログを更新し、
そのときに、めったにコメントしない私が、
思わずコメントさせていただいた記事が目に留まった。
それがこのリブログの心屋仁之助さんの記事。


ふと読みたくなり、
記事をみたら、
まさに今朝、私が夢中に書いたことにも通じるような、
リブログの記事だった。

「仕事とは」という書き出しだけれど、
人生を表示することも書いてある。

たまたま私のブログを見たあなたに、
このタイミングでリブログの記事からなにかピントがあるかもしれない。

そんな気がしている。



私がノートに書いたことも、
私の人生を使って表現していくことが主だった。


私は自分にも問いをだしていた。

私はどう在りたいのか?

私はどう表現したいのか?

私はなにに遠慮して生きてきたのか?

すべて答えが書いてあった。

もう戸惑わない。
恐れずにすべてを表示しきる。
心のうちまで、表現したいことのすべてを出しきったあとの世界をみてみたい。


このブログは、
10年前くらいには、毎日更新していたけれど、
三回の妊娠と出産から、
年に数回しか更新していない。

今朝、ノートに夢中に書いたように、
かつての私がそうしていたように表現の場をこよのブログにも残して行きたいと思う。

ノートに書いても私しか見ない。
書いた私も忘れていく。

だけどここに書けば、
あなたが今日読んでくれたように、
誰かに何かを伝えられるかもしれないから。

冒頭にある、
自分が伝えたい(表現したい)ものを

伝えたい方法(ツール)で

伝えたいように

伝えること。 」


これが仕事なら、

私は私の仕事を、この場所でもしようと思う。