人生の役割をみつけるヒント♡”チャイルドケア”3 | 地中海料理というスタイル、暮らし方〜スペイン式美食術とは〜
March 21, 2019

人生の役割をみつけるヒント♡”チャイルドケア”3

テーマ:チャイルドケア
チャイルドケア的視点でものごとを見始めると、
今まで点だったものが、
点が繋がって線となり、
線が繋がって立体が見えてきました。
 
 チャイルドケア講座で得た副産物について。

リブログ記事の続きです。

 
 
チャイルドケアを学びはじめて最も大きかったのは、
「私=ガイド」に気づけたことです。
 
 
 
 
私の場合は、
「オリーブオイル関係の講師」としてのポジションを求められることがありました。
 
 
その他にも、
 
 
 
 
インポーターとして。
 
 
 
 
 
 
 
 
image
 
 
スペインワインと食協会の共同代表として。
 
 
 
image
 
 
image
 
食育を伝えるものとして。
 
 
 
 
 
 
image
 
image
 
 
スペインおいしいもの発掘人として。
 
 
 
 
 
 
image
 
 
 
 
 
 
おいしいものの発信者として。
 
 
 
image
 
オリーブオイルテイスターとして。
 
 
 
 
image
 
3人の子どもの母親として。
 
 
 
それと私の特色?として、
昔からただのお節介な性格。
 
福岡生まれの世話好きな母から、
同じく福岡生まれの私。
 
世話好きを受け継ぎ、
さらにお節介女として、
血の中に刻み込まれていること。
 
それは、おいしいモノを伝えたい気持ち!
 
「え?!これ知らんと?
こげなおいしいのに!!
この味知っとかんと、損するよ!
あのね、これ作った人はね…」
と、
おいしいモノや素敵なことを自分だけで黙っておけない、
教えずにはいられない、
伝えられずにはいられない私のDNA。
 
子どもに対しても、
主人に対しても、
友達に対しても、
お客さんや取引先に対しても。
 
とにかく、伝えずにはいられない。
 
まさにその勢いで、
人生を生きてきた、
とも、言えます 笑
 
これらの全ての点が、
食や、スペイン、食育、子どもなど、
キーワード的にうっすらの線が見えてきてはいました。
 
しかし、線にするには、
自分の中でよくわからなかったのです。
 
けれども今回
「チャイルドケア的視点」を知ったことで、
 
何屋かわからないくらいに広がり増えた仕事とプライベートが、
「ガイド」という一筋の軸をみつけるきっかけに。
 
これは大きな発見でした。
 
 
 
今までの私のままで、
新しい私がすでにあったことを気づけた、
というわけです。
 
うっすらとした線が、
くっきりとした「立体」になった!笑
 
 
母親としても、
気づいたら子どもたちに、
わたしが「ガイド」役をしていたことを
今まで気がつけませんでした。
 
 
つまり私の人生のテーマが
立体に見えてきたんです。
 
「ガイド」の中に、
多くのテーマとコンテンツがあるということ。
プライベートも仕事も全部。
はぁー、スッキリ!笑
 
 
ここに気づけたこと、
広がりをまとめて、
ひとつの軸があったことがわかって、
ますます猛進できます。
 
 
 
今後の私から
皆さんへ「ガイド」としてのコンテンツに、
オリーブオイルや食育に加え、
「チャイルドケアのガイド」という直接的なもの、
さらには「チャイルドケア的視点」が加わった講座として、
テーマをより広く、深く、掘り下げてお伝えしていけることが楽しみでなりません。
 
image
 
 
こんなことまで発見できたことを
私が1番驚いています!笑
 
自分が在りたい在り方に、
自分で気づけるきっかけをくれたチャイルドケアは、私にとって一生ものの学びです。
 

スペインコンシェルジュ加藤智子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ