新しいチャイルドケア的視点 ”チャイルドケア”2 | 地中海料理というスタイル、暮らし方〜スペイン式美食術とは〜
March 21, 2019

新しいチャイルドケア的視点 ”チャイルドケア”2

テーマ:チャイルドケア
リブログ記事の続きです。
 
学びはじめの感想は、こちらの受講生の声です。
 
今日は、実際に全てのレポート提出を終えた今の感想を少し。
 
 

今日はじめて記事をご覧になる方は、
チャイルドケアについてはこちらをどうぞ。
 
 
 
チャイルドケアでは多くのことを学べます。
具体的には、
たとえばアロマやハーブ、
東洋医学やベビーマッサージ、
食育やライフスタイル…
 
 
image
 
この中のほとんどが私にとって興味深く、
今まで気になっていたテーマがおおくありました。
 
もちろん独自にやってみたり、
書籍から学んでみたり、少しかじったものも。
 
 
 
「チャイルドケア」として学び始めたのは
「新しい学び」に違いはないのだけど、    
 
気になっていたテーマを
チャイルドケア的視点から、
体系的に筋を通して学べたことが、
私にとってのリアルな「新しい学び」でした。
 
なによりチャイルドケアを軸にして、
自分のテーマやアイデアを掘り下げるきっかけとなり、
深い学びに繋がっていくことが斬新でした。
 
 
アロマなど、どれも「それだけ」を切り取って
本格的に学ぶのも楽しいし、
専門的にその学びだからこその視点があります。
 
 
チャイルドケアは、
これらを「チャイルドケア的視点」にフォーカスして考えることができるんです。
 
しかもこの「チャイルドケア的視点」というもの。
…これが大きくて深い視点なのです。
 
image
 
 
後から気づけた、
このチャイルドケアで学んだ講座内容プラス副産物は、
私にとって
「ママとしても、
女としても、
ビジネスパーソンとしても、
そもそも人としても…、
欲しかった視点」だったのです。
 
 
 
もっとも驚いたことは、
オリーブオイルやはちみつ、などの
天然の食材や食育など、
自分の本業とのしぜんな繋がりや、
新たな発見まで、
本当に盛りだくさんだったこと。
 
自分で想像していた以上の学びとなっていきました。
 
さらに「チャイルドケア的視点」という、
新しい視点を得たことにより、
これからも発見は続いていきます。
 
image
 
 
 
そうなんです。
 
チャイルドケアは、
私が望めば、
望んだだけ、
深めることも広げることもできる、
素敵な世界がそこにあるのです。
 
 
ずっと探しても見つからなかったものが、
その視点を軸に
 
自分の中から、
いままでの経験から、
オリジナルに積み重ねていける…
 
なんと素敵なことでしょうか!
 
 
そこがチャイルドケアの学びとして、
わたしは、とても大きな宝だと実感しています。
 
 
image
 
 
チャイルドとあるので、子どもを想像しがちかと思いますが、
実際には、
 
ママだけでなく、
女性だけでなく、
男性も、
どんな人にも、
オリジナルのチャイルドケア的視点が存在するはずです。
 
 
もしあなたが望むのなら、
それぞれの立場からの
「チャイルドケア的視点」を掘り下げていくことで、
ご自身のテーマや学びまでも、
浮き彫りにし、
生かしていけるのです。
 
 
image
 
そういう意味で、
自分の中に「新しい哲学を取り入れることができる」そんなイメージ、
新しい武器やアイテムを取り入れたイメージ
といっても過言ではありません。
 
 
また長くなるので、続きます。
 
 
 
 
 
 

スペインコンシェルジュ加藤智子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ