2017-11-13 東大実戦終了!

テーマ:
どーもどーも。

昨日更新するはずが、休憩して自己採点して進学相談表とやらを書いていたら疲れ切ってました(^◇^;)


今週の勉強時間
{002C51A4-23FA-40EE-9DC6-40DB3FE1179D}


端的に言って勉強量少ないですね汗
おかしいなぁ…

後期があと数週で終わるのに、9月以降日々のリズムが全く取れなかった感が否めない。ここで引き締めないと手遅れになりますぞ。


そして、東大入試実戦模試

受けた方お疲れ様でした。


本当に

やらかし丸。


今回ばかりは笑えない。秋だし。

ただ反省点があるのでそれも含めて講評。

国語

第1問
外す訳でもなく、当てる訳でもなく。
問4で原発とリスボン大地震を関連づけて解決策に着地するという構成でまとめられていないので点が見込めない。
結局、内野先生に言われている”傍線から目を離している”とはこういうことなのかな、と。1時間の中でしっかりまとめる力が足りない。どこを使うのか、”的確に読む”。
あと漢字。動因が答えだったけど、文だけ読んでたら導因じゃだめですか?って感じ。

第2問
現代語訳が相変わらず甘い。推量の「なり」とか文脈に沿った古語の言い換えとかできてない。(4)で主体をあこ君にするアホミス。内容あってるのにアホか
第3問
古文同様、基本的に詰めがイマイチ。
銀が2両以上だと明記しないといけないし、注の活用をする。何曽の食事の倍って見落としてたし。
第4問
1と2はなんとなくかけてる気がする?
3と4はムリ。捨てた人も多い模様。


数学
一桁かも知れない説。
点数が。

第1問
これは解けなきゃダメだった。なぜかaをパラメーター分離していないし、微分した後の極大と極小を求める計算が間違ってる。中学生レベルの計算ミスにおばさんびっくりですよ。しっかり。

第2問
一応展開してみるも分からず。相加相乗を使うんだろうなと予測がついても解けません。展開して左辺から右辺引いて見たけど因数分解に工夫が必要だったみたい。オツです。
第3問
戦犯。a1b6が平方数になるようになaとbの組み合わせを求めるという、ゴリ押しでいける問題。しかしテンパるレモンさんは
平方数の一の位が6→偶数の二乗→4の倍数→各位の数を足して4の倍数になればその数は4の倍数。という素敵な公式を思いついたので爆笑。それは3の倍数の話な。
第4問
この確率はしっかり状況整理すればいけるぞ!と意気込む。意気込んだ結果アガッてnとn+1の関係も錯乱して整理できないという…ほんとゴミ。

まあ去年の6点とは質の違う一桁でありたい。
平均高そうなのにオワタ

英語
英語さえ頑張れば!と疲れている中、一塁の望みをかけて頑張る。解いた順に振り返ろう。

1A 要約は大筋出来ているように見える。8点くらいは見込めるか?いや、来ないと困る。

2A 建物の欠陥について。とりあえず生活音が外に漏れるから他人にとっては騒音かも知れない。聞かれていると私たちも恥ずかしい的なことを書いた。ちょっと表現が所々書きづらくて文法の減点が大いに考えられる。
2B 歴史の先生へのプレゼント。歴史上の人物が書かれたグッズにしてはどうかと提案。こちらも減点がありそう。

4B 明記すべき指示語の内容は比較的わかりやすかったけど、そもそも傍線部がまずい。(3)だけでも点が入って欲しい。ただ、採点が厳しいのでまた0かも。

3リスニング
めっちゃ簡単だった。
のに、

14/30
いや、ほんといい加減にしてw
選択肢がきちんと読めてないんだよね。聞こえてなかったのもあったけど。模範解答の和訳の選択肢見たら答えわかるもん。そもそも英語力の問題。

5 各1点問題の穴埋めが4/5でもなぁ。単数形でaがついてる()のあとはひたすら母音じゃない選択肢で絞ってた笑
でも途中から物語の意味がわからなかったからまだまだ力不足。
1B いつもより論理展開が読めた。3/5。私的にはきちんと選べただけでもよかったかな。勘じゃなく。
4A 安定の出来なさ。1点。オツです。


結論:最近長文やってなかったのとか、文法力の欠如がもろでてる。リスニングで選択肢の意味がすぐ取れないのは論外。


日本史
夏は面白くていい問題多い気がしたのに、ナニコレ。駿台得意の知識ゲームでした。
だいたい私自身日本史を最近おろそかにしていたから、もし直前なのにあんまりやったなかった。事実誤認とキーワード漏れが多いので点が低い可能性が大いにある。言いたいこととか流れはわかってるけど文にできなきゃ伝わらない。
あと、時間と字数とギリギリだった。
地理
うーん。いまいちかも。
夏よりはいいかも知れないけどもうそれどころではない。随時復習。せっかく上がってきた地理を落とさぬように…。

地理用語の定義を説明できるようにしていくことも大切かも。



という訳でだらだら講評しましたが、
要するに今回のブログのタイトルは
出家part2
でもいいわけです。

普通に数学のメンタルのえぐり方すごい。
YSサボり気味なのも出たなー。数学最近やった感ないもん(おい)
日々が適当に流れていく感じ。教室にいてもモチベーション上がらない、勉強してても集中できない、とか聞こえて来る季節。

実際、この辺りで帰ってきた模試の結果とか、センターとの兼ね合いで志望校変える人は現浪問わず多いのが今の季節なのかなとも思う。

雲Kも
「私文にするのか、国立のまま頑張るのかしっかりきめていかないといかないですからね。1番怖いのは数学に時間をかけて数学が伸びなかった時」なんて言っててぐさっとは来る。
浪人してるのにここで東大を止めることはないけど、自分の立ち位置からの攻め方、残りの時間の使い方、本番での点の取り方等々作戦は練らなきゃいけないなと痛感。

秋冬で頑張りきれないことが敗因になる。とも某ブロガーさんがおっしゃってましたし。

第3回全国模試で最後のアウトプットの機会で自分の点の取り方が達成できるように、(結果どうこうではなく。結果はついてくればなお良し。)11月後半頑張っていきたい。


ではではおもーい感じになってしまいましたが、講評も参考にしてもらいつつ、読んでいただけていたら光栄です(^_^*)

気を引き締め直して今週も頑張っていきましょう✊


また来週!
来週は出願予定校とかの話をするカモ?(未定)

東大受験生ブログランキング参加中!
↓クリックして投票してねチュー
AD

コメント(4)