子供の「治る力」にアプローチするイメージワーク | 心と体、魂をつないで本来あるべきあなたの姿へ

心と体、魂をつないで本来あるべきあなたの姿へ

光の瞑想会、マジカルメイクレッスン、仙骨ヒーリングなど。心と体、魂をつなげて本来あなたが持っている力を取り戻す!


テーマ:

我が家の娘たちは二人とも、幼い頃喘息持ちで、

 

完璧に体調がいいのは年に数十日かな、という日が何年もありました。

 

 

二人同時の入院ではベッドを並べて私が真ん中になって点滴の管をさばきながらの入院生活をしたこともあせる

 

 

おまけに次女は小学校に入ってからケガの連続!!

 

打撲、捻挫、骨折、擦り傷とあまりにケガが続くので、本気で包帯を巻く機械の購入を考えていたくらいなの汗

 

 

 

 

 

でね、そういう、病気やケガの時。

 

もちろんお医者様にお世話になり、お薬を使ってもいたし、食養生もしたし、ヒーリングもかけていたのだけど、

 

子供たちの治る力にアプローチするイメージワークを必ずしていました。

 

 

 

 

イメージワークといっても簡単なもの。

幼稚園とか小学生相手だからねウインク

 

でも子供って素直に信じる力があるから、とってもよく効くイメージワーク。

 

今日はそれをご紹介しますねキラキラ

 

 

 

 

 

咳で苦しい、

 

熱で辛い、

 

ケガをして痛い、

 

ケガの際のショックでびっくりしてる、

 

 

 

そういうの、ぜ~んぶ「そうだね、大変だね。痛かったね、苦しいね」ってハグして受け止めたあと

 

子供と同じ目線で、体に触れながらこんな声かけをしていたのです。

 

 

ケガバージョンです(笑)。

 

 

 

「ねえ、○○ちゃん。

 

○○ちゃんのこの今痛いところ。

痛かったね。治療がんばったね。先生にありがとうだね。

 

骨にヒビがはいっちゃって、周りの筋肉とかも傷ついちゃって、それで痛いんだけどさ。

 

でもね。○○ちゃんのこの部分、実は今『ケガを治そう!!』ってすっごく一生懸命、中でたくさんの細胞さんたちが働いてくれて、血液たちが必要なお薬と治るエネルギーをこの場所に届けてくれてるんだよ。

 

いつもよりたくさん働いてくれて、一生懸命ケガを治そうとしてくれてるの。

見えないけどさ、今ここに「治ろうとする力」がブワーーー!って集まってるんだよ。

 

からだはいつも、治ろう、健康になろうとしているんだよ。

 

○○ちゃんの体、今すっごく頑張ってくれてるから、ジャマしないように、大人しくしていようね。」

 

 

 

かなり小さいうちからこういう話をしてきましたが、全部意味が分からなくても子供は母親がこちらを向いて丁寧に話をしてくれていること、そして自分の体が今ちゃんと治ろうとしていることは、きちんと理解していたと思います。

 

そして納得して安心するから、ちゃんと治療のために行動しようって、自分で意識が芽生えてくるの。

 

そしてその安心感がまた、治癒に向かう力をサポートするのですよねキラキラ

 

 

 

 

もうお分かりかと思いますが、これは大人にも使えるイメージワークです。

 

からだは、いのちは、いつも健やかに伸びようとしている、と感じます。

 

それはおそらく死の瞬間までそうで。

 

 

 

私達はいつも、生きようとしている。

 

からだは生きようとしている。

 

 

 

ヒーリングをしていると、それはよりハッキリとわかります。

 

いのちは、常に前を向いている。

 

 

 

私達に必要なのは、それを信じて肯定的な気持ちでいようとする、心の力じゃないのかな。

 

 

心と体の調和は、治癒のプロセスや生き方に密接に関わってきます。

 

 

 

 

あなたは、あなたの心と仲良しですか?

 

あなたは、あなたの体と仲良しですか?

 

心も体も、あなたに一生寄り添ってこの世界を体験させてくれるもの。

 

 

多くの人が自分自身の心と体と仲良くなって、調和して、笑顔で過ごせますようにラブラブ

 

 

 

いずみさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス