片づけが14年続いた私が確信した片づけが続くコツ | 片づけに必要なのは選ぶ力!子だくさんワーキングママ藤原友子が伝える、親子の笑顔と自信を生み出す「選ぶ片づけ」

片づけに必要なのは選ぶ力!子だくさんワーキングママ藤原友子が伝える、親子の笑顔と自信を生み出す「選ぶ片づけ」

「片づけなさい!」と言うだけでは、片づけができる子は育ちません。結果の出ない片づけは卒業して、子どもの自立、自分の時間と家族のスッキリした暮らしを実現させませんか?

 
片づけ嫌いの子どもを180度変える
整理収納アドバイザー 藤原友子です。
 
 
今日、12月に年末に向けて
片づけの講座をしてほしいという依頼がありました。
 

image

さて、やはり12月はみんなが掃除や

片づけが気になる時期。
 
 

だけど、なかなか行動できない、

できても続かない人も多いのでは
ないでしょうか?
その一つの原因に
片づけを完璧にしようとしている
という事があります。
 
 
片づけを完璧にしようとすると
やりたいと思いながら、めんどうくさい、大変そうという
苦痛の感情がくっついてくるから、
 
 
そりゃ、先延ばしになるし、長続きしないわー!

はじめっから、クローゼットを丸ごとスッキリしたい!なんて、

食器棚をキレイになんて、考えてはダメ。
 
 
はじめから
完璧を求めず、
 
 
最後までやり遂げることを目指さず、
明らかに見た目がキレイにスッキリするまで
やり続けず、
わざわざ時間を作らない!
 
 
コレが絶対に長続きする秘訣です。
 
 
片づけレッスンは、
これとは真逆で見た目も使いやすさもすぐ効果が
出ることを目標とします。
 
 
片づけが長続きしない、
やろうと思ってもなかなかできない人は、
これと同じことを一人でやろうとするから、
無理なのです。
 
 
そういえば、第1子妊娠中に片づけを始めた私、
産後は、赤ちゃんもいるし、
まったく思い通りに片づけができませんでした。
 
 
だけど、気にしなかったのです。
だって、以前より一歩進歩すれば十分!と考えていたから。
 
 
それは、当時のママ友の言葉、
「昨日よりちょっとでも前進していたら合格!」
 
 
当時、せっかく子どもがご機嫌だから、
ピアノを弾こうと思って1小節弾いたら
子どもが泣いしまいました。
だけど、まあ1小節弾けたからいっか、と
言いながら、ここまでピアノを続けてくることが出来ました。
 
 
そして、当時の私の片づけは、人から見たら、
きっと片づいたようには見えなかっただろうけど
回数を重ねると効果を感じ、
それが楽しみになってきました。
 
 
だから、まずは、
最後まで片づけず、
わざわざ片づけの時間を取らず、
はじめから見た目の効果を求めず、
 
 
引き出しを開けたついでに
不要なモノを抜き出したり、ゆる~く
始めてみてくださいね。
 
 
今年の残り3カ月で結果を出したい人は、
片づけレッスンがおススメです。