〇〇の賞味期限を家庭で決めよう! | 片づけに必要なのは選ぶ力!子だくさんワーキングママ藤原友子が伝える、親子の笑顔と自信を生み出す「選ぶ片づけ」

片づけに必要なのは選ぶ力!子だくさんワーキングママ藤原友子が伝える、親子の笑顔と自信を生み出す「選ぶ片づけ」

「片づけなさい!」と言うだけでは、片づけができる子は育ちません。結果の出ない片づけは卒業して、子どもの自立、自分の時間と家族のスッキリした暮らしを実現させませんか?


テーマ:
子育て家庭の自信と笑顔を応援!
整理収納アドバイザー 藤原友子です。
 
 
今日は小学生のいる働くママの家庭へ
片づけレッスンに行きました。
 
 
子ども部屋の片づけではありませんが、
少しずつ子どもにも片づけを通じて
身の周りのモノや、自分の暮らしに興味を
持ってほしいと思い、
 
 
行くたびに手伝ってもらったり、
子ども部屋にじわじわ入っていき、
声をかけるようにしています。
 
 
だんだん仲良くなっていくのが
ひそかな楽しみでもあります。
 
 
 
今日、小学生のお姉ちゃんには、
「教科書の賞味期限っていつかな?」と
聞いてみました。
 
 
食べ物じゃないモノは、
簡単に腐らないから、賞味期限がこない!
ということは、永遠と家にあるの!?
 
 
 
それでは家がとんでもないことになっています!
ということで、賞味期限を決めましょう!
 
 
 
特に、教科書などは学年の変わる節目に
整理しやすいです。
 
 
 
フジワラ家の教科書の賞味期限は1年。
この賞味期限は家庭で決めてOK!
 
 
 
賞味期限を決めることで、
入っては出ていくというモノの流れができます。
入ってくるモノは止めたらダメ。
必ず賞味期限などのルールを決め、
出すことを意識しましょう。
 
 
 
出すのが大事というのは、
人間の体と一緒ですね。
それでは!
 
 
 
 来春、子どもの片づけ本が出版されます!
詳しくはこちら→
 
 
 
 

子育て家庭の片づけならおまかせ!整理収納アドバイザー藤原友子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります