親が先回りして片づけても意味がない! | 片づけに必要なのは選ぶ力!子だくさんワーキングママ藤原友子が伝える、親子の笑顔と自信を生み出す「選ぶ片づけ」

片づけに必要なのは選ぶ力!子だくさんワーキングママ藤原友子が伝える、親子の笑顔と自信を生み出す「選ぶ片づけ」

「片づけなさい!」と言うだけでは、片づけができる子は育ちません。結果の出ない片づけは卒業して、子どもの自立、自分の時間と家族のスッキリした暮らしを実現させませんか?

今日は寝坊し、

予定していたことが全くはかどらない
午前中を過ごしました。
 
 
気持ちを使い眠れたので
まぁそんな事は気にせず(笑)
 
 
ただ、やることだらけでお昼ご飯を
作る暇がなかったので 
野球に行く前の長男カツオに
作ってもらいました。
 
 
 
すごーいって言われますが、
自立に向けて何でもやらせているだけ。
(私が早く楽をしたい)
 
 
魚もグリルで焼かせましたが、
焼く前のと焼いたあとの魚の数が違います。
グリルの奥で
まっくろけになって発見されました(笑)
 
 
 
なんでも自分でさせて
考えさせるのは大事です
 
 
 
片づけだって、親が先回りして
片づけている家庭も多くあります。
 
 
 
まあ、先回りというより、
親が理想とするキレイな部屋を
勝手に実現しようとしているだけなのですが。
 
 
 
親がキレイに整えた部屋をキープするのではなく
自らが何が必要なのかを考える片づけは
はじめから子どもが主導でおこないます。
 
 
 
自分が必要と判断したモノを選び,残し、
収納場所を決め、あとは元に戻すように
心がけていく。
 
 
 
子どもには「片づけなさい!」ではなく
「どうしたい?」「どうしたらいいと思う?」と
問いかけ、考えさせる。
 
 
この繰り返して、
本当に片づけができる子が育つのです。
 
 
失敗するなら今のうち。
何でも子ども自身に考えやらせていくと、
やり方を覚え、工夫する楽しみを知るようになります。
 
 
 
明日は働くお母さんのための片づけレッスンです。
家が片づいていくことで、子どもたちの心にも
変化もが出てきました。楽しみです!
それでは。
 
 
 
 来春、子どもの片づけ本が出版されます!
詳しくはこちら→

 

 フォローしてね…

 

 
 

子育て家庭の片づけならおまかせ!整理収納アドバイザー藤原友子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります