マメな人ではないと片づけができないって本当? | 片づけに必要なのは選ぶ力!子だくさんワーキングママ藤原友子が伝える、親子の笑顔と自信を生み出す「選ぶ片づけ」

片づけに必要なのは選ぶ力!子だくさんワーキングママ藤原友子が伝える、親子の笑顔と自信を生み出す「選ぶ片づけ」

「片づけなさい!」と言うだけでは、片づけができる子は育ちません。結果の出ない片づけは卒業して、子どもの自立、自分の時間と家族のスッキリした暮らしを実現させませんか?


テーマ:
 

片づけに必要な「選ぶ力」で親子に自信と笑顔を!

整理収納アドバイザー 藤原友子です。

 

 

マメな人間じゃないと片づけってできないんですか?

って聞かれました。

 

 

 

そんなことはないですよー。

発想を変えたらズボラだってキレイにできます!

だって、私がズボラですからねー。

 

 
私は洗濯物を干すのは好きだけど、取り込むのが大嫌い。
そんな嫌いなことを後回しにした結果、
外が暗くなるまで、洗濯物をほったらかし。

  
しかも、今度は暗いのが怖くて取り込むことができなくて、翌朝私より早く起きの主人に取り込んでもらうことも度々。(私は朝が弱い)
 
 
そして、寝ぼけながら畳み、その後干す、ということをしていたある日・・・
 
 
 
あれ? 洗濯物を朝干して、夕方取り組むと、
一日2回洗濯物に関わらないといけないけど、
朝取り込んだら、畳む、しまう、干す、と洗濯物に関わるのが1回で済むんじゃないか!?
 
 
 
という発想にたどり着くぐらい、ズボラな私です。
 
 
 
リビングもルンバに掃除を頑張ってもらうために、床には最低限のモノしか置きません。



今日もルンバがリビングをグルグル掃除中。
寒いので、南の大きな窓の前に床に座り込んでブログを書く私と、日向ぼっこ中の猫に、ルンバが当たりながら進んでいきます。
 
{F0333D8C-D35D-4512-825A-8F4D879172BB}


 
そんな私が手放して大正解だったのが、マット類。
まだ子どもがトイレトレーニング中、何度マットを汚し選択していたことでしょう。
 

 
マットを無くせば洗濯の手間が省ける!その一心でマットをやめたら、トイレ掃除もサッと一吹き。
 
 
広めの玄関側にあるトイレなので、玄関掃除のついでルンバも進んでくれないかなーとさらなるズボラを考えてみましたが、
さすがにルンバはトイレには入れなかった(笑)
 
{47E44F82-025A-4AD2-ADAA-07D7D6E9BF69}


片づけを始めたころは、部屋を飾りたくて、壁に飾り棚をつけたり、
ごそごそやっていましたが、飾ったらそこにホコリが溜まる!ということに気づきやめました。
 


 
お風呂マットも、珪藻土マットに変えてみたら、なんて快適!と思ったのもつかの間、すぐに薄汚れ、やがて割れて半分サイズになり・・・。
サヨナラしました。
 

 
今は子どもたちに「足の裏もきっちりタオルで拭いてこい!」それだけです。



片づけができる人って、いつもキチンとしていて
マメに動いている人のイメージがありますが、
(もちろんそんな方もいる)



面倒だから持たない!とか
面倒だからやらない!という選択が
時には、とても効率的な暮らしを生み出したりするのです。
 
 

ズボラも捨てたもんじゃないなー。
あ! そういえば、家に飾っていたガーベラが
気がついたら、綿毛になってました!

{CA629167-1D8D-433A-B332-4B80340DBA5E}

これってズボラすぎ⁈
ガーベラが綿毛になる事にびっくりです(笑)
 

子育て家庭の片づけならおまかせ!整理収納アドバイザー藤原友子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります