次々と増える学校のプリント管理の鉄則とは | 片づけに必要なのは選ぶ力!子だくさんワーキングママ藤原友子が伝える、親子の笑顔と自信を生み出す「選ぶ片づけ」

片づけに必要なのは選ぶ力!子だくさんワーキングママ藤原友子が伝える、親子の笑顔と自信を生み出す「選ぶ片づけ」

「片づけなさい!」と言うだけでは、片づけができる子は育ちません。結果の出ない片づけは卒業して、子どもの自立、自分の時間と家族のスッキリした暮らしを実現させませんか?


テーマ:
親と子に自分や家族に必要なモノの選び方を伝える
整理収納アドバイザー 藤原友子です。
 
 
新学年が始まり、家のどっとプリントが持ち込まれます・・・。
 
 
とりあえず、今は二人の小学生がいるフジワラ家
始業式でもらったプリントはダブっているモノばかり
 
{E89B2999-FAA9-43BC-B2D1-7DC09AAA40B2}
 
 
当たり前のようですが、同じものを二枚持っていると混乱の原因になります。だから、ダブっているものは即処分!
 
 
メモ書きにも使いません。
 
 
メモ書きに使うと、子どもがお絵かきしたら、何かのタイミングで、
ダイニングテーブルの上や床に落ちているのを見て、
「え!大事なプリントやん!」って勘違いしてしてしまうことがあるからです。
 
 
え!? 裏が使えるのにもったいない!ですって?
私は昔、このもったいないという気もちが原因でなんでもとっていて探し物を毎日していましたから。
 
 
 
だから、
必要な情報を選び、それだけしか残さない!これプリントと管理の鉄則です。ファイルやバインダーの選び方よりも大事です。
 
だから、カレンダーやスケジュール表に書き込める情報量であれば、
書き込んで処分したり、写真をとって管理したりすることも可能ですね。
 
 
ちなみに私は、プリント類は紙ベースで保管しています。
 
 
 
必要な情報を選ぶ力は抜群ですので、家庭内のプリントは大した量はありません。(仕事は別)
 
 
必要な情報を残し、混乱を避けるために、まずはダブったモノは即処分!です。
 
 
それでは!おやすみなさい。
 

子育て家庭の片づけならおまかせ!整理収納アドバイザー藤原友子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります