オッと危ない!モノが溜まってしまうNGワード | 片づけに必要なのは選ぶ力!子だくさんワーキングママ藤原友子が伝える、親子の笑顔と自信を生み出す「選ぶ片づけ」

片づけに必要なのは選ぶ力!子だくさんワーキングママ藤原友子が伝える、親子の笑顔と自信を生み出す「選ぶ片づけ」

「片づけなさい!」と言うだけでは、片づけができる子は育ちません。結果の出ない片づけは卒業して、子どもの自立、自分の時間と家族のスッキリした暮らしを実現させませんか?


テーマ:

 

「選ぶ片づけ」で親子の自信と笑顔を応援!
整理収納アドバイザー藤原友子です。

 

 

今日は確定申告の書類が完成し、紙類の整理をしていました。

貯まった紙類の中から出てきたのは、プラスチック製のクリップボード

 

 

{95FE4770-426A-40DD-9F7C-6AD55D0280FE}

 

 

 

100均で買い1年ほど使っていましたが、別のもう少しきちんとしたモノを買ったため使わなくなり、半年以上保管したままでした。

 

 

まだ、壊れていないから使えるし、そうだ!あ~たん(次女小2)がいるかな~?

なんてあ~たんに「コレいる?」と聞きそうになりました。

 

 

でも、ちょっと待て!! あ~たんには絶対に必要ではないだろう。

でも、「いる?」って聞いたら、絶対に「いる!」と言うに決まっている。

そして、その辺に置きっぱなしで私から怒られるのが見えている・・・。

 

 

安易な「コレいる?」は、モノが溜まってしまうNGワードなのです。

 

 

我が子へ、だけではなく、兄弟がいたりすると、弟にあげればいいや。

なんて簡単に考えてしまうけど、単に弟のモノが増えてしまうことになるかもしれない、という事もあるのです。

 

 

「捨てる」という責任を簡単に人に擦り付けてはいけない!!と言い聞かせ、燃えないゴミ箱へ。

 

 

「捨てる」のは心が痛いけど、その行為に向き合うことで、買い物の失敗に気づくことがあります。

 

 

私の場合は、安易に100円ショップで買ってしまったことが、失敗です・・・。

 

たまには、「捨てる」と言うことに向き合わないといけませんね。

 

子育て家庭の片づけならおまかせ!整理収納アドバイザー藤原友子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります