片づけに必要なのは選ぶ力!子だくさんワーキングママ藤原友子が伝える、親子の笑顔と自信を生み出す「選ぶ片づけ」

「片づけなさい!」と言うだけでは、片づけができる子は育ちません。結果の出ない片づけは卒業して、子どもの自立、自分の時間と家族のスッキリした暮らしを実現させませんか?


テーマ:

 片づけに必要な「選ぶ力」で親子に自信と笑顔を!

整理収納アドバイザー 藤原友子です。

いつもブログにお越しくださりありがとうございます。

 
 
片づけたい、今年こそは片づけないと!と思っている人もいるでしょう。でも、何のために片づけるのですか?
 
 
○○のために片づける と言うように、片づけにも目的が必要です。
 
 
痩せよう!と思っても痩せません。夏までにマイナス3キロ、
着ることのできなくなったスカートをはけるようにする!
と言うように目的が具体的であれば、やることも見えてきます。
(このダイエット目標は実は私)
 
 
私の片づけの目的はだいぶん変化してきました。
 
 
29歳の頃(片づけをしようと決意した時)
・子どもがいてもモノが溢れていない家
・収納道具は買わずにモノを収めたい
 
 
33歳の時(ママ友の家に行ったらとてもキレイだった!子どもがいる=モノが多い が覆された瞬間です)
 
・人を呼べる家
 
 
37歳の頃(整理収納の資格を取り、少しずつ外出が増えてきた)
 
・私がいなくてもモノの置き場がわかる家
・子どもが手伝いやすい家
 
 
現在 (子育ても仕事も、自分の時間も欲張りたい)
37歳の目的プラス
 
・効率の良い家
 
 
このように、少しずつ目的が変わってきました。(現在の片づいた日)
私はどんな家にしたいかな?と考えてみてください。
 
 
出かけるときにすぐに出かけることが出来る家
子どもが自分の事を自分でし、お手伝いもいやすい家
「ママ、あれどこ~?」から卒業できる家
 
 
なんて考えるとたくさん出てきますよ。
くれぐれもスッキリしたい!なんて言わないでくださいね。
 
 
その目的、めちゃくちゃあいまいです!!
是非、具体的に言葉に表してみてくださいね。
モチベーションが上がります。私はこの12年、目的が変わってきているのでモチベーションを維持できているのです。
 
 
さて、明日から、月曜まで、福岡、京都と家にいません。
「私がいなくても、モノの置き場がわかる家」なので、
たとえ「あれどこ?」のラインが来ても、「あそこの棚!」で大丈夫!
遠隔操作で大丈夫な家なのです。という事で安心して出かけてきます
 
 
では! おやすみなさい
 
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

子育て家庭の片づけならおまかせ!整理収納アドバイザー藤原友子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります