片づけに必要なのは選ぶ力!子だくさんワーキングママ藤原友子が伝える、親子の笑顔と自信を生み出す「選ぶ片づけ」

「片づけなさい!」と言うだけでは、片づけができる子は育ちません。結果の出ない片づけは卒業して、子どもの自立、自分の時間と家族のスッキリした暮らしを実現させませんか?


テーマ:

4人の子どもに現代社会に必要な「選ぶ力」を片づけを通じ育成中!整理収納アドバイザーの藤原友子です。

 

 

これからの暮らしに必要なモノを選ぶことを考えると、もう使い終わったモノをどうするかという問題に直面しますね。

 

 

さて、そんな問題にフジワラ家の4番目大五郎がむきあtってくれました。

 

 

昨日、はフジワラ家4番目大五郎の幼稚園最後の夏服の日

制服はキレイなので、手放すことが出来ないけど、ボロボロになった麦わら帽子とは、さよならすることにしました。

 

{8B18761C-5CA3-4C67-89CB-C230E00F29CF}

 

 

 

 

とりあえず、カツオにかぶせてみたり、

 

{117F5D0F-596E-4335-ABE4-A9C1EDBA77B2}

 

 

 

あーたんにかぶせてみたり。

 

{0C7E3CF8-9E0A-4AFE-AFD4-02C016BE9DB8}

 

そして、最後は現在の所有者大五郎

 

{E9D18319-F6E2-4BC2-BE8C-574DA91E611F}

 

 

このまま数年間保管しておいて、気が付いたときに親が手放すことも考えられるけど、子どもがちゃんとお別れできるモノはお別れさせておきたい!

 

 

うやむやにせず、けじめをつけさせる意味でも、大事なことだと思うので、あえて大五郎に聞きました。

「帽子とお別れできる?」と。

するとできるというので、「ありがとう」と言い袋へ。

 

 

キチンとお別れすることが出来ました。

 

 

手に入れたモノの、収納場所を考えたり、元に戻したりすることはもちろん大切ですが、手にしたモノとの別れもキチンとさせることは必要です。

 

 

 

モノとは最後にはお別れするということを知らないと、どんどん増やしたり、モノを大切にしない、ということになります。

 

 

もちろん、別れることを嫌がったら大切に保管しておかないといけません。手放すことを無理強いする必要は全くないけど、子どもに聞くことをせず、そのまま何年も家のどこかに存在し続けるのは避けたいですね。

 

 

だから、とりあえず聞いてみましょう!

「どうする? お別れできる? それとももう少しとっておく?」と。

 

 

 

 

★整理収納アドバイザー2級認定講座 
10月15日(日)10:00~17:00  大分市 詳細はコチラ ⇊整理収納アドバイザー2級認定講座           
★片づけ未就学児のママ限定 カフェ★
★11月1日(月)10:00~11:30★参加費1500円            ★詳細&お申込み  片づけカフェお申し込み     
★メルマガ配信中! 
子育て・仕事・素敵な暮らしの両立を叶える片づけ   →ご登録はコチラ http://form.os7.biz/f/d03a80f4
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

子育て家庭の片づけならおまかせ!整理収納アドバイザー藤原友子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります