自分の人生は自分の力で楽しむ!

 

夫は海外単身赴任中&

小5長女・小1双子の三姉妹を育てながら

新しい働き方を実践中!

 

元バンコク駐妻のmayukoです。

 

 

今日は子育ての話。

 

 

例えば…

 

 

子どもをシッターさんに預けること。

 

 

 

抵抗がある人もいるし

ない人もいる。

 

 

 

自分の周りに

子どもをシッターさんに

預けている人が多くて

 

 

 

自分は預けることに

抵抗がある場合。

 

 

 

預けることができない自分は

何だかダメなようで

劣等感を感じる。

 

 

 

シッターさんに限らず

周りは平気でやっていることが

自分はできない場合

劣等感を感じる。

 

 

 

 

そんなことはありませんか?

 

 

 

 

例えば

シッターさんに預けることに

抵抗がない人は

 

 

「シッターさん、最高!!」と

預けることが

あたかも良いこと、

正解のように話しますからね。

 

 

 

やってみたい気持ちがあるのに

蓋をするのではなく

 

 

やってみたいのに

その気持ちに蓋をして

できないと思っているのなら

一度試してみてもいいかもしれませんね。

 

 

どうしても抵抗があるなら

同じようにしなくて

いいと思うんです。

 

 

 

「周りがやっているから」

「それしか選べないから」

と言った消極的な理由で

選んでいるのではなく

 

 

それを選びたくて

選んでいるなら

その選択にもっと自信を持って

いいのではないかと思います。

 

 

 

しないと言うことは

自分が大切にしたいことが

何かしらそこに

あるわけですからね。

 

 

 

それを大切にした方が

いいと思います。

 

 

 

預けることに

抵抗がある人とない人で

どちらが優れていて

どちらが劣っているなんて

ありません。

 

 

 

どちらでもよくて

自分が大切にしたいことを

基準に選べば

 

 

周りがどうであれ

それでいいんじゃないかなと

思います。

 

 

 

シッターさんに限らず

食事は手作りでも市販品でも

YouTubeを見せても見せなくても

 

 

どちらを選んでも

劣等感を感じる必要は

ないと思いますよんニコニコ

 

 

 

今日もお読みいただき

ありがとうございました。

 

 

ランキングに参加しています。

ぜひぜひポチッと

応援よろしくお願いします♪

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村

 

 


駐在妻ランキング

 

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

 

mayuko

 

 

◆自己紹介はコチラ

 

【ご報告!】3月に母子で本帰国します!

★やっと目指す方向が決まった!

①恵まれた環境と運でぬくぬくと育つ

②ひた隠しにしていた過去とは?

③過去の失敗から今思うこと

⓪サラッと自己紹介

 

 

◆人気記事

【駐妻のキャリア】

 

 

◆働きたい駐妻コミニュティ【まなとも】

運営ブログはこちら

週1~2回担当してます。