術後2年経過・・・

テーマ:

2007年9月28日にイントラレーシックを受けてから2年が経過しました・・・。


眼が快適か?と問われたら

快適!とは決して言えないでしょう・・・。

でも、私の場合専業主婦ということもあり働いていないので、主婦業程度でしたら特に支障はなく過ごせていますのでそこまでひどい後遺症ではないのかもしれません。


ただ、眼のことを考えない日はないですね(>_<)

未だに、ドライアイがひどくソフトサンティアの目薬が手放せません!!

だいたい目薬1本を3日で消費してしまうくらい頻繁に点眼してしまっています。


見え方に関しても1日の中ではっきり見える時もあればボヤ~っとしてしまい見えにくい時もあったり・・・

相変わらずです。

でも、この見え方に脳が慣れてきたのでしょうか!?

見えにくいな~、と感じる時も以前のようにパニック状態になったり焦ったりあまりしなくなり

なんとなくこんな感じかな~、とイメージしながら周りを見れるようになってきたように思います。

でも、夜間視力は本当に落ちるので運転はやっぱり怖いですね・・・。

ジェットコースターよりも恐怖を感じますよ(^_^;)


見え方というのが安定しないことにより、精神にも影響があるというのは日々感じています。

本当に視力というのは生きていく上でこんなにも大事で、身体の色んな所に影響を与えるものなのだと痛感してしまいますね。


時々、私はレーシックをしたことで人格まで変わってしまったのではないかと

怖くなります。なぜなら、日々眼の見え方で不安を抱えており安心できる精神状態では無い為、余裕がなくなってしまい、周りへの気遣いができなくなってしまっているのではないか・・・!!?優しさが欠けてしまったのではないか・・・!!?と自分自身思います。

ありがたいことに、恵まれた環境の中で生活をさせてもらっているにも関わらず、眼のせいで幸せ感が得られず

人生を素直に楽しめていないようにも感じています。

こんな私は寂しい人なんでしょうか・・・。


レーシックを受ける前、こんな悲しいことを感じながら生活するようになるとは思いもしませんでした。

品川クリニックは、最近雑誌などでバッシングされていますが、もっともっとバッシングされるべきです!!!


人の眼を商売道具としか考えていないなんて、人として間違っています!


でも、ちゃんと眼のことを真剣に考え、一人ひとりの患者さんを大事に考えて下さる善良な眼科医の方がいることもわかっています。これからレーシックを受けよう!と考えている方はそのような善良な先生にしてもらって下さいね。

大手美容系のクリニックは本当に危険ですから~。


早く、私も日本に帰って治療を受けたいな~。

もちろん、品川なんか2度と行かないですよ!