ハッピー猫のブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:



今日は、ハッピー工房の事業の一つであるセキュリティー関連の記事です。

もうすぐ全ての世帯に設置が義務付けられる火災報知器ですが、当工房の取引先である株式会社ボーダレスにもラインナップされているのですが、外国製でありブザーでしか警報を発しない物です。しかもバッテリーは一年くらいしかもたないし他社製品に比べるとどうしても見劣りするので今回のご注文に対しては国内メーカーの商品を調達いたしました。  下の画像です。

      ハッピー猫のブログ

パナソニックの「けむり当番」 SH28455K という商品です。

この手の商品は感知方法に熱感知方式と煙感知方式があり、今回のお客様のご注文により煙感知方式を発注させていただきました。

それでは、なぜ熱感知方式が存在するのかというと、火を扱う場所での設置などという事を聞きましたが、それぞれの目的に合った方を選択するという結論でした。

個人的な推測ですが、実は喫煙者向けではないかと ・・・・・

やはり、熱より煙の方が早く検知できそうな気がしますね。


そして、何といっても音声で火災を知らせてくれるという事で、そこは日本製の強みが出ています。

それに、ブザーだと他のブザー音を発する警報器と間違えやすいという事も考えられます。そして滅多に聞く事の無い警報ですので、何が何の警報音なのかを即座に判断できない恐れもあります。


実は先日、夜中に家の台所付近ででっかいゴキブリちゃんとご対面させていただきましたおり、どうやって退治してくれようと悩んだ挙句、近くにあった殺虫剤のスプレーをシュッとひと吹きしたところ設置してあったガス漏れ警報器が反応して大きな音で、ピーピーピーっと鳴ってしまいました。 何と人騒がせな私・・・ 

っていうか、ガス漏れ警報器は正常に稼動する事に驚いてしまいました。(ポイントはそこか?)


ですので、殺虫剤を使う時にはガス漏れ警報器に注意しましょう ・・・・・ 

ではなくて、火災報知器は日本語で知らせてくれるものを選びましょう。


      ハッピー猫のブログ

もうひとつ気付いたのは、バッテリーが約10年間交換不要ということです。

専用のリチウム電池ですが、毎年交換と10年後と交換ではランニングコストがかなり違ってきます。


      ハッピー猫のブログ


この青い部分がバッテリーです。


その他特筆すべき事としては、動作確認機能や自動試験機能、電池切れ検出機能が付いています。

動作確認機能とは人間が手動によって正常に機能するかを試験できるものです。そして自動試験機能とは報知器本体のみで1時間毎に煙検知部の自動試験を行ってくれるという事です。そして異常があれば、警報やランプで知らせてくれるというものです。電池切れ検出機能はもちろん電池切れを警報やランプで知らせてくれるというものです。約1週間継続するそうです。

このように、必要な機能が全て備わっていると思われる最近の火災警報器ですが、よくもこんな小さな筐体にすべての機能を詰め込んであるなあという印象です。


ある程度季節柄もありますが、年間を通して火災で命を落とす人が後を絶ちませんが、火災警報器が無いばかりに死ぬのはもうやめにしましょう。

防犯でも同じですが事後では遅いんです。


という事で、火災警報器のご紹介でした。


AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

姶良市のギフトショップ「ハッピー猫」さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。