厳選美女図鑑

私のおすすめの美女をご紹介


テーマ:
一口に中国料理と言っても、広大な土地と長い歴史ゆえにいろいろな料理がありますね。
その中でも私が好きな料理と言われれば「北京ダック」と「フカヒレの姿煮」です。

しかし、どちらもおいしいのを食べようとしたら、しかるべき店に出かけて、すごい金額を払わなければなりません。お金持ちならそれで結構ですが、私のような貧乏人には無理な話です。

そこでいろいろ考えるわけですが、皆さん良く思い浮かべてみてください。
北京ダックがおいしいのは、タレを塗りながら火に炙ってパリッとしたアヒルの皮はもちろんですが、甘ーい甜麺醤(てんめんじゃん)のおかげです。
つまり貧乏人は皮を他の安い物でごまかし、クレープと甘い味噌ときゅうりと葱を食べて辛抱すれば良いのです。皮の代わりは各自の好みで結構。炙ったハム、ベーコン、魚や鶏の皮、スナックなどいろいろ工夫し甘く味付けしてみましょう。
北京ダックが高いのは皮を取るために一匹潰し、手間をかけて皮をおいしくしているから。ここを避ければ安く済むのです。


フカヒレの姿煮も同様にごまかします。
フカヒレ料理が高価なのは、フカのヒレを取った形から食べる形にするまでにすごく手間がかかるからです。しかし本当においしいのは味付けするスープ。よってフカヒレ本体は何かで代用し、おいしいスープをしっかり再現すれば、おいしさを楽しめるのです。
姿煮の再現は難しくても、冬瓜や白滝、春雨や大根にし、スープは中華味や椎茸の粉末や中国酒、帆立やオイスターソースなどを調合すれば結構良い所まで迫れます。

余談ですが、私はうな丼も本物など食べられないので、うなぎはあなごやいわしでごまかし、甘いタレを主役にしてニセ丼を作っています。おいしいのはタレなんですよ。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
私が子供の頃、日本は高度成長のまっただ中。生活は西洋化や最新化の嵐でした。テレビで「ルーシーショー」や「奥様は魔女」、「わんぱくフリッパー」や「ゆかいなブレディ一家」などを見て、先進欧米諸国の暮らしぶりに憧れたのです。

それ以前の戦後ようやく食べられるようになった頃は、和服に割烹着をつけた主婦が活躍。
生野菜と言えばきゅうりやなす、大根やかぶのぬか漬け、白菜の塩漬け、ちょっと火を入れてほうれん草のおひたしでした。キムチはまだ朝鮮漬けと呼ばれ、そんなにメジャーではありませんでした。

ところがいつしか野菜サラダなるものが入ってきて、レタスやら紫玉ねぎ、茹でアスパラガスやブロッコリー、セロリやトマトを皿に盛ってバリバリ食べるようになりました。
当初は塩や醤油をかけて食べていましたが、それでは物足りない。そこで酢の入ったキユウピーマヨネーズが爆発的に売れたのです。ちなみに前後して味の素も普及しました(昔は化学調味料と呼んでいた)。

マヨネーズはたまごサンドやポテトサラダにも使われ、日本の食卓を豊かにしました。食パンもおいしくなり、どんどん普及していきました。うちは土曜日になると山崎製パンのチェーン店に行き、「食パン一斤切らないで」と言ってパンを買い、肉屋の惣菜として買ったコロッケにソースをかけたものやポテトサラダをはさんで食べるのが何よりのごちそうでした。
当時のパン屋のショウウィンドーにはやきそばパン、メロンパン、あんパン、コロネ、シベリアなども並んでいました。

ドレッシングなるものを知ったのは1973年。家庭科の授業で初めて名前を聞きました。
先生は酢に塩とサラダ油をたっぷりと入れたので、それまで油など飲んだことのなかった私は違和感を覚え、気持ち悪く思ったものです。未だになぜあんなに油を入れるのか不思議でなりません。後にノンオイルドレッシングが出た時、「当然でしょう」と思ったものです。油を入れれば多少なりとも旨みがつくし野菜に絡みやすくなりますが、入れる量にも限度があります。

余談ですが、貝割大根なるものを初めて知ったのが1975年の技術の授業。皿にスポンジを敷き茶色の種を置いて水を張ると、おもしろいように白い茎が伸び、もやしかと思って食べると生意気に大根の辛味がするのでびっくり。こんなものがあるのかと思ったものです。

その後、市販品として中華ドレッシングが人気となりましたが、ラー油が入っているので子供にはちょっと辛かった。そこへ青じそや煎りごまのドレッシングが出てきて大喜び、大歓迎。大人気を呼んだのも頷けます。これらは未だに不動の人気だそうです。

その後、フレンチやサウザンアイランドなる味も加わって、ドレッシングは日本の食卓に定着し不可欠の存在になりました。
今ではサラダだけでなく、下味に使われたり、ご飯や豆腐にかけたり、フライのソースに使われたりしています。
そもそもおいしい酢と醤油をベースにごまやにんにく、生姜やスパイス、ゆずやすだちなどの柑橘類をプロが研究を重ねて調合するのですからまずい訳がありません。

素材によっては長持ちしなかったり、風味が飛んだりするため、できれば自宅で手作りしたいところですが、働く独身者ではなかなか凝ったものは作る余裕はないようです。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
年末と言えば大掃除ですが、考えただけでも嫌になるほど大変です。
そこで我が家では今頃からあちこち少しずつきれいにしていきます。

昔のように畳をはがしてパンパン叩く家は少ないと思いますが、タンスの裏とか網戸・窓ガラス磨きは特に大変。これらは年末最後にえいやっとやるしかありません。

しかし物の整理・処分、戸棚の上の埃取り、引き出しの整理と掃除などは少しずつできますし、一気にやるのは無理です。今から始めましょう。

穴の空いた服はボロきれにし、そのまま掃除に使います。
読まない本は売りにいきましょう。
少しばかり残った化粧品や調味料は使うか捨てるかして処分。
靴磨き、カーテンのクリーニング、布団干しもローテーションで。

あまり早めにやると年末にまたやることになりますから、どうでも良い所から詰めていきます。鏡とかガラスとかは目立つので日頃から掃除するのはもちろんですが、最後にピカピカにしましょう。
とにかく汚いゴミは早めに処分。年末最後のゴミ収集に出し遅れることのないようにしましょう。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。