厳選美女図鑑

私のおすすめの美女をご紹介


テーマ:
日曜日に日本テレビで「有吉反省会」を見ていたら、水樹たまちゃんという太った女の子が出演していました。
話を聞くと、ラーメン・焼肉・チャーハンが大好きで、のべつ大食いしているのだとか。それでは太って当然。当ブログですすめている食事方法とは正反対です。(笑)

とにかく常時食べたい食べたいの一辺倒。本能の赴くまま、見た目や健康のことなど考えず、無制限で食べているようです。
しかし体重は見た目ほどなくて60キロ。そう、問題は体重ではなく、見た目なのです。

例え70キロでも、バレーボールの選手のように身長があるとか、しっかりした骨と筋肉で体が作られているなら問題ないのです。
一方50キロでも、ぷよぷよでウエストや下腹が太ければ恰好が悪いし不健康です。
これは脂肪か筋肉かの問題で、脂肪はふくらんでいる割に軽いのです。骨や筋肉は重いわけです。

よって体重を気にするのはナンセンス。黙っていればわかりません。問題はあくまでも見た目なのです。
前から見ても横から見てもくびれたウエストを作る。へそ回りの下腹を引っ込める。これが最終目標です。

下腹は最初に脂肪がついて最後に落ちますから、きちんとダイエットしていれば二の腕とか顔とか太ももは絞り込む過程でどうにかなります。


ではどうやって腹を引っ込めるか。それはこれまでの当ブログを読めばわかりますね。

水分を控えたりサウナに入ったりしてもダメです。

苦しい腹筋運動をやってもダメとは言いませんが厳しいです。


要するに消費カロリー以上に食べないことです。油、炭水化物、お菓子、乳製品は避けましょう。抗酸化作用があり酵素たっぷりの野菜や果物をバランス良く食べることです。

そして体操や歩行で血行を良くし、腹筋を鍛えて食物繊維を摂って便秘を予防し、筋肉をつけて基礎代謝を増やすことです。おなかをへこませるには腰回しや足上げが有効です。


ビール、牛肉、焼き肉、モツ、天ぷら、カツ、唐揚げ、ラーメン、焼きそば、チャーハン、お好み焼き、チーズ、バター、じゃがいも、ケーキ、アイスクリーム、ポテトチップ、ハンバーガー、ドーナツ、生クリームなど、どれもおいしいと思います。ただし私は食べません。


※ランキングに参加しています。バナーをクリックすると票が入る

仕組みです。「見たよ」の印にバナーをポチッとお願いします。

にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

夏、梅雨、高温多湿。かびや食中毒の季節ですね。


食中毒とは病原性のある細菌やウイルス、有害な物質が付着した食品を摂取することで起こる健康被害のことです。

細菌性のものがほとんどで、下痢・嘔吐・腹痛・発熱などをおこします。腐敗とは異なり、食中毒の菌は食品に付着していても、「味」「色」「におい」などで識別することはできないのが厄介です。

食中毒は一年中発生しますが、特に夏場(6月~9月)に多く発生します。

食中毒の原因となる細菌やウイルスは、時間とともにどんどん増殖していきます。また夏バテなどで体の抵抗力が低下した際につけこまれるのです。


◆食中毒の原因

食中毒の原因は主に細菌・ウイルス、自然毒、化学物質の三つ。

最も多い細菌やウイルスなどによる食中毒は「感染型」と「毒素型」に分けられます。


・「感染型」→細菌が食物と共に摂取され体内で繁殖し食中毒を起こす。カンピロバクター、腸炎ビブリオ、病原性大腸菌(腸管出血性大腸菌O-157など)、サルモネラ菌など。

・「毒素型」→細菌が食物の中で繁殖して有害な毒素を生じ、それを摂取したために起こる。黄色ブドウ球菌、ボツリヌス菌、セレウス菌など。


・ウイルス性食中毒→ノロウイルス、A型肝炎ウイルスなど

・自然毒によるもの→じゃがいもの芽、毒キノコ、フグ毒など


◆食中毒の予防法…菌を「つけない」「ふやさない」「退治する」


<つけない>

・指の間や爪の中、手首の方まで石鹸を使って丁寧に洗う

・まな板、包丁、ふきん、たわし、鍋や食器を衛生的にする


細菌に汚染された食品を食べて起きる食中毒を「一次汚染」、

汚染された食品を調理した器具から、他の食品に細菌が付着することを「二次汚染」といいます。


食中毒は「二次汚染」によって多く発生しますから、調理をするときには細心の注意を払って防止しなければなりません。


<ふやさない>

・生鮮食料品や要冷蔵製品は、冷蔵庫では10度以下(できれば5度以下)、冷凍庫ではマイナス20度以下で保存し、調理済み食品も室温で放置しない

・肉や魚を冷蔵・冷凍保存する場合は、ほかの食材に触れないようにきっちり包装する

・調理してから食べるまでの時間を短くする


<退治する>

・ほとんどの細菌やウイルスは加熱によって死滅するので、十分に加熱する(75℃以上で1分間以上、中心部まで加熱)

ただしごく稀に耐熱性の毒素・芽胞菌など熱に強いものもあります


これはいかん、食中毒かなと思ったら、早めに医療機関で受診しましょう。


厚生労働省によると、最近の食中毒の発生原因物質は、ノロウイルス(10月~翌4月頃)、カンピロバクター(6月~10月)が1位2位です。

カンピロバクターは、牛や豚、鶏などの腸管内に分布している細菌です。中でも鶏肉の保菌率は50~70%と高く、鶏レバーやささみなどの刺身、鶏のたたきなどが原因で発症しています。

主な症状は発熱、頭痛、めまい、嘔吐、腹痛、激しい下痢。

カンピロバクターは、鮮度良く低温管理されていても菌が生き残り、わずかな量でも感染を引き起こします。まな板などからの二次汚染防止や加熱調理の徹底が重要です。できればこれらの食品の生食はやめましょう

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
「馬から落馬する」のように、同じ意味の語を重ねて使った言葉のことを重言(じゅうげん、じゅうごん)と言い、二重表現・重複表現とも言います。言葉に疎い日本人が大好きな誤用です。

たとえば「歌を歌う」は仕方ないとして、「元旦の朝」は「元日の朝の朝」ですから、しつこい或いはおかしいですね。

最もひどい、国語的に完全な間違いなのが以下の例。
食事を食べる、挙式を挙げる、断トツトップ、まだ未熟など。
食事はとる、或いはするものです。
式は挙げる、挙式はする。
断トツは断然トップのことですから、断然トップトップは間違い。
未熟は未だに熟していない状態ですから、まだ未熟は間違いです。

望ましくない用例はこんなところです。
馬から落馬、馬に乗馬、頭痛が痛い、お金を入金、返事を返す、尽力を尽くす、水で冠水、後で後悔、射程距離(射程の「程」は距離の意味)、残飯を残す、呪いの呪文、日本に来日、貯金を貯める、など。
文字にしてみるとしつこいのがわかりますね。

何となく使っていますが、実は恥ずかしい誤用がこれらです。
思いがけないハプニング、甘いスイーツ、昼食のランチ、アンケート調査、一番最初/一番最後、最後の切り札、過半数を超える、被害を受ける/被害を被る、チゲ鍋、 フラダンス、バルサミコ酢、クーポン券、サハラ砂漠、ナイル川、サルサソース、スキー板、日曜サンデーなど。
同じ意味を重ねること重ねること。(笑)
日本人は外来語をいい加減に使い、ご丁寧に同じ意味の言葉を付け足すのが大好きです。

ら抜き言葉、敬語の間違いもひどい昨今、上記の重言の使用も末期症状です。
テレビを見ていて誤用を聞くたびに失笑してしまいます。


※ランキングに参加しています。バナーをクリックすると票が入る

仕組みです。「見たよ」の印にバナーをポチッとお願いします。

にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。