密かにこだわっていること | 相鉄線二俣川駅の不動産屋ハッピーハウス社長のブログ
2016-10-31 09:00:00

密かにこだわっていること

テーマ:ブログ

From 真山英二(さのやまえいじ)

 

先日、アップルが新しいノートパソコン

MacBookProを発表しました。

 

今のMacBookでなんにも

不便はありませんが

やっぱり、新しいものが出ると

気になって、欲しくなります。

 

実は、昨年の6月くらいから、

Mac”も”使っています。

 

大学時代は、

ずっとMacを使っていたので、

久しぶりのMacに新鮮な感覚です。

 

今では、気分転換の意味を含めて

WindowsとMacの二刀流を

続けています。

 

現在使っている

MacBookはモバイルには

とってもグッドです。

 

薄くて持ち運びやすく、

電池の持ちも良く、

何よりもスタイリッシュで

かっこいいです。

 

故スティーブジョブスの逸話で

Appleマシンの内部配線の

美しさまで追求した話があります。

 

そんな美学を感じるマシンです。

 

 

マイホーム探しで、

個人的に密かに美学として

こだわっているところがあります。

 

どこだと思いますか?

 

それは、ズバリ

「天井のデザイン」

です。

 

一般的に、天井は、

部屋の真ん中にシーリングが

一つあって終わりです。

 

デザインも何もあったものでは

ありません。

 

でも、この天井や照明をちょっと

工夫するとグッと雰囲気が

変わります。

 

空間自体をゴージャスに見せたり、

シンプルでスタイリッシュにしたり、

むしろダサくすることで

アットホーム感を出したり。

 

例えば、部屋の照明をすべて

ダウンライトにすると

天井がすっきりとして

スタイリッシュな感じに

なります。

 

さらに、

そのダウンライトの配置を

工夫すると

マイルームをマイステージに

することもできます。

 

天井については、

職人さんや工務店も

基本的に気にしていません。

 

でも、

室内空間は、床・壁・天井で

成り立っています。

 

その中で、一番おざなりに

なっているのが天井です。

 

天井を床壁と一体化させて

包まれるような雰囲気を出したり。

 

逆に天井と床と壁を分離させて

「天・地・人」のように

それぞれにテーマを持たせたり。

 

いろいろと遊び心を試すことが

できます。

 

もちろん、天井のデザイン自体を

いじれるケースは多くはありません。

 

そんな時は、シーリングにつける

照明でテーマ性を持たせると

随分と”らしく”なります。

 

マニアックな美学ですが、

よかったら参考にしてください。

 

素敵なマイホーム探しを楽しんでください。

 

真山英二さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス