自分らしく豊かに幸せに生きる

自分らしく豊かに幸せに生きる

3児のママです。
溢れる想いを、自分らしく表現することが何よりもの喜び。
自分らしく生きられるママや子どもで、世界がいっぱいになりますように。

こんばんは

なつこです

 

久々の投稿です。

 

わたしは、コロナで完全にテレワークになり

子どもたちと 丸一日一緒にいました。

 

辛かったです・・・

 

でも、いろいろ始まるのは始まるので不安というのが正直なところ。

 

そんな中で起こった出来事です。

 

「いじめたい気分」な次男について・・・

 

 

コロナテレワークで1日中子どもたちといたのだけど、
次男と一番よくよく会話した。

 

一つ下の妹とそれはもう激しく喧嘩するのだけど、かと思えば仲もよくて。
トースターのパンを取り出すときには
「アツッ」と火傷しそうな妹に
「大丈夫?とってあげようか?」と
パンを取り出してくれている。
とっさにでる自然な優しさに、わたしはとても嬉しくなる。

 

 

ある日、二人は特にもめてないのだけど
次男がわたしの横に来て

「明日、ももかが大事にしている iPadゲームのアプリを全部消してやるんだ!」

と言う

 

わたしはマジか〜と思うものの

「へぇそうなんや〜。消しちゃうの?」と言う

 

次男
「なんか いじめたい気分だから、明日消してやるんだ。」

 

わたしは、面白くなって
「いじめたくなったの?!へぇ!」

 

次男「そう、あいつはいつもiPadを独り占めしてる。

俺はこの壊れかけのキンドルばかり使わされているから、腹がたつ!」

 

わたしは
「いつもキンドルで我慢させられているって思ってるんやね〜。でも急にどうしたん?」

と こんこんと聞いていると


最後は
次男「やめとく。いじめたいのもなんかどっかいったし

   オレ、結構キンドル使いやすいねん」

と、笑顔でまた妹の元へ戻っていった。

 

 

アプリを消したら妹が悲しむことなんてよくわかっているし、

悲しませたいほどになんだか、積もり積もった気持ちがあるのだろうと思う。

 

「そんな気持ちになってるんだね、いつも我慢してるのかな?」

なんて、次男の気持ちに少し注目していると、
次男自身も
自分のこころに注目してみたのだろうと思う。

 

iPadを我慢させられて悔しい気持ちと、
だけども妹に譲ってやりたい気持ち
それでも日々の揉め事で感じる悔しさに、
妹と遊べる楽しさと大好きな気持ち。

 

そんなことを、自分で感じていたら、
意地悪心は引っ込んでやっぱり優しい気持ちがむくっと湧いてきたのかなぁと思う。

 

面白いな〜と思う。

 

そして、何よりこんなふうにきけるようになった
自分を褒めたい(笑)

 

気持ちに寄り添う大切さを知らなかったら、
ざわざわして「いじめたいなんていうな!」なんて怒ったかな

 

今思うと、そんなことしたら逆効果と思えるけど
「親として正しさを教えなきゃ」も強かったし。

 

まぁ、わたしも夫に
妙に強く当たりたい時の気持ちを想像すれば簡単か😅
 

疲れていたり
もっと手伝って欲しいと思っていたり
頑張っている私を認めてほしかったり
わたしばっかり・・・
なんて思考がぐるぐるしているときには
そうなると思う。

 

自分で自分のこころの声を聞く

 

子どもたちにも
息をするように当たり前にやって欲しいなと願う

 

 

 

↓わたしがコーチングに出会った講座があります

 わたしも2019年にインストラクターになりました