日本の交流分析(TA)の第一人者の杉田峰康先生の本を読みました。

交流分析は、”子どもにもわなる易しい精神分析”と言われますが、さらにそれを解りやすく書いた方です。心理ゲームは、猛烈な眠気(回避的自己防衛)で昼寝をしながら読み進めました。


また直ぐに読み返したい本です。