取引先の幼稚園の理事長とランチ会議でした。

朝の自由保育の過ごし方、オッケーいただきました〜ニコニコ 

特別変わったことはないのですが、朝の時間は子どもの欲求を満たせるよう、子どもたちが自分の好きなように過ごせるように考えました。家庭の朝は忙しく、またおうちの方と別れたばかりで子どもにとって少しだけ不安な時間帯なのです。

だから、朝の預かりタイムは、自由時間にしました。やりたい事を見つけて自由に遊べる環境を作るのが大事です。

アートコーナーを作ってイーゼルを立てれば、子どもの画家心をくすぐります。

プリンセスや、消防士などのコスチュームを置けば、かわいいね!かっこいいね!の承認欲求が満たされます。

ボードゲームコーナーには、将棋とオセロを置きます。たまには、トーナメント戦をして人間が本来持っている競争心や闘争心を決まりごとのなかで発散させることができます。

一輪車や大縄跳びは、おうちにはない、幼稚園だけの特別な遊びに。

お砂場と芝生エリアがあれば、鬼ごっこやおままごとなど、子どもたちが勝手に遊びはじめるでしょう。

特段何も変わったことは無いけれど、子どもたちが自由に遊べる時間は現代では貴重です。

自由勝手に、たくさん遊んで欲しいです。

早期教育も盛り込みたいと、何度かブレましたが、幼稚園の限られた時間では何でもかんでもはできない。まずはのびのびイキイキ、身体とこころを育てたい。だから、今回提案した中で、ボツ(漢字)が出たけれど、関わる大人たちが真剣に考えていることが大切なのだと思います。何かやりたい事、良いと思うものがある時、提案と話し合いの機会が充分にあるのは、私の仕事の最大の喜びの1つになっていますニコニコ