ビーズジュエリー講師の磯部ひろみです。

 

 
ビーズステッチWIZアルファ認定講座の
レッスン6ロシアンスパイラルのネックレスです。
 

 
 
ロシアンスパイラルはネッティングの一種と考えられていますが、編み地の向きや太さが自由に変えられる応用範囲の広いステッチです。
 
この作品は一方向に編んでいるのに、途中でらせんの向きが変わります。編み地の太さのグラデーションや左右対称の模様が楽しめる、ドラマティックな展開がある作品です。

 
中央にジルコニアをあしらい上品で豪華な印象に仕上げ、ストリング部分にパールを使用していますので、色々なシーンでお使いいただけるネックレスです。
 
 
 
 
 
 
開発室でロシアンスパイラルについて検討した際には、小学校の自由研究のように(?)色々なパターンで編み地を編んで検証したことが今回の作品にも生かされています。
 
テクニックBookに編み方のバリエーションの掲載がありますので、もしよろしければぜひ作品づくりに生かしていただければ幸いです。
 
レッスン1とレッスン6は写真審査があるので、先に作っていただいている方も多いようですね。
 
立ち上がりのあるロシアンスパイラルですので、通し始めの列が毎段ずれていくことや、後半部分は立ち上がり方が変わってくることなど、変化をお楽しみいただければと思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
お問い合わせはこちらからお願いします。