古い写真メディア(miniSDをはじめ、メモリースティック、スマートメディアなど)の

データ救済の相談をうけました。

 

いろいろなメディアの写真を読み込むためには

miniSDといえば、ガラケー用のメディア(データの入れ物)

メモリースティックや、スマートメディア、XDカードなどは

デジカメ登場時代に乱立した、カメラ用のメディア達です。

 

 

これらを救済するためには、

読み込みが可能なメディアに移し替えなくてはいけません。

パソコンのハードディスクに移すというのが最も一般的な発想かな。

 

通常ならパソコンにカードリーダーと呼ばれる

メディア読み込み用の機械をつなぎ、カードリーダーにメディアを差し込み

パソコンでデータを吸い上げます。

 

カードリーダー:

 

 

メディアとしてはminiSDなんてのはかなり古いタイプで、

先日、我が家も廃棄しました。

スマートメディアなんかも、かなり古いもので、

スマートメディアが読み込めるカードリーダーは市場にもうあまり出回っていません

(上記のカードリーダーは対応しています)。

 

古すぎるメディアは、今読み込んでも中のデータがちゃんと生きているか保証できませんが、

もし中を確認しておきたいというものがある場合は、

カードリーダーが市場からなくなる前に確認されることをおすすめします。

 

 

中のデータをプリントするなら「プリンチャオ」でもいい!

写真データを救済する過程で

最後、大事な写真をプリントしてもらうことにしたのですが、

その際、セルフプリント機「プリンチャオ」を利用しました。
 
画像はホームページより。
 
そこで気づいたのですが、
この「プリンチャオ」、ほとんどのメディアに対応しているということ。
 

画像はホームページより。

 

「プリンチャオ」は、あくまでデータをプリントする機械ですが、

プリントしないとしても中身を確認するだけであれば

カードリーダーを購入しなくても出来るということ・・・なんですよ。

 

これ、結構すごいことなんですよ!

店頭の注文受付機ではここまで出来ません。

 

とりあえず中身見てみたい!

という方は「プリンチャオ」を使ってみることをお勧めします。

そこで、取っておきたい写真があればプリントすると良いと思います。

 

プリンチャオ設置場所検索

 

「プリンチャオ」が残念なところ

少し話がそれますが「スマホの容量がいっぱいで困った」といって

写真店にいらっしゃる方は、

スマホの中で容量を占めている写真をDVDに移して帰られます。

 

つまり、プリントでは要らない・・・ということ。

 

「プリンチャオ」はデータを読み込むことはできても、他のメディアに写すことは出来ない。

プリントに変換することしか出来ない機械なんです。

これは残念な仕様。昔はそれでもよかったかもしれませんが、

大量写真データ時代、たくさんプリントはしないけれど、データはとりあえず取っておきたい

というニーズはあるんですからね。

 

写真データのバックアップはHDDやDVDだけではない

もう少し、つっこんだ話をします。

写真データのバックアップというと、イコールDVDのイメージが未だに強いように思います。

パソコンのハードディスクやUSBメモリを使っている方も多いでしょう。

でも、それだけではなく

「おもいでばこ」という選択肢があるということと、

その選択肢が最も写真を活かせるという事。

写真店の方や、パソコン売り場の方はもっと理解するべきかと思います。

 

 

 

何しろパソコン用DVDドライブもそろそろ、家庭から消えつつありますよね。

それに、パソコン用メディアへ保存すると、

なかなか再度見ないというデメリットがあります。つまり死蔵。

 

写真を活かしながら保存・管理がしやすいものとしては

今は「おもいでばこ」一択です。

 

 

<出没情報>

星2020年1/22(水)アルバム大使エンジョイ講座交流会@北千住開催します。

星2020年2/13(木)写真整理アドバイザー初級研修講座担当します。

星平日昼間はカメラのタカギ(足立区竹ノ塚)にいることが多いです。

 

<写真整理マガジン好評販売中>

星星「写真のきもち4:二十歳のお祝いアルバム」好評受付中!(送料無料)