スマホ側が写真サイズに適した縦横比を提案しないのならば

プリント側が考え直したらどうでしょうか?

 

という話を前回しましたが、

この話を逆に考えてみます。

 

プリント側がL版基準をやめないなら、

スマホのカメラアプリはプリントを気遣え!

個人的にはこちらの方が正しいと思います。

 

 

1 Androidスマホで撮るとプリント時に切れる!?

 

Androidスマホは、

撮影時のデフォルトの縦横比が16:9な事が多い。

 

これ、何を意味するかと言いますと、

Androidで何も気にせず撮影して、

それを普通に写真プリントしようとすると、

撮影した全体が入らないということ!

 

関連記事)

続★スマホ写真ってプリントすると切れちゃうんだね!?

縦16:9の写真は要注意!50,000人の写真展

 

 

スマホのアプリは、

写真プリントのことなんか全く考えていないわけです。

 

これで迷惑するのは写真店さんです。

 

注文機で「これ切れます!」表示が出ても、

お客様は、そんなこと夢にも思わないわけだから、

疑いもしないわけ。

 

 

仕上がったプリントを見て激怒される。

そりゃ、そうでしょう。

 

仕上がりサイズのことなんか考えて撮影する?

(いや、してくれたらいいなあとは思うけど。)

そんなの考えてくださるの、

ましかく好きの1部のインスタグラマーくらいじゃない?

 

 

 

2 デジカメはどうなっているか?

 

ハイビジョンの考えが一般になる前は3:2が多かったのはないでしょうか。

35mmフィルムの縦横比も3:2です。

(アナログテレビが4:3だったせいか、カメラ側も4:3が選べる場合があります。

ここの話は今日は置いておきます。)

 

L版プリントが127×89mmなので、

3:2という数字と、それほどかけ離れてはいません。

なので、それほど注意することもなかったのです。

 

 

 

3 写真店のプリント注文機はどうなっているか?

 

Lサイズが標準で設計されています。

もちろん、ハガキサイズやキャビネサイズ(2Lサイズ(Lサイズの2倍))その他で

プリント注文することは可能です。

 

Lサイズは縦横比が美しい!ということにしておきましょう。

L版は写真の絶対的サイズなのです(ということにして書いています)。

Lならば、たくさん流通している市販のポケットアルバムにも便利です。

 

ですから、スマホの写真撮影デフォルトを16:9と

するのをやめてもらえば、いいんじゃないでしょうか。


 

※前回の記事も今回の記事も、写真を画面だけで見る、

という場合には何の問題もありません。

そこに疑問を感じない人は、全く関係のない話です。

 

プリントは「しなくてはいけないもの」ではなくて「楽しい」もの。

だから、楽しさを削られる仕組みは残念だなあと思うのです。

 

 

 

 

 

<お申し込み受付中の講座・サークル>

 

LINE@でもお問い合わせ等いただけます。

LINEアカウント「ハピデコ西塔薫★写真整理とアルバム作り」

友だち追加

 

 

毎月定期開催中「写真整理とアルバム作りの会」概要

★写真整理とアルバム作りの会とは

・楽しみながら写真を整理できるサークルのイメージです→こんな感じ

 アルバムを作る人がいたり、「おもいでばこ」でデータを整理する人がいたり。

 写真整理に関しての各種ご相談も気軽にできます。

・アルバム大使さん向け相談やワークショップ開催方法レッスンもしています。

(アルバム大使さん向けの詳しいメニューはこちらから

 

★定期開催日:毎月最後の火曜 ※3月、12月のみ第2火曜。8月はお休み。

※月謝制ではないため、参加できない月の無駄な参加費がかかりません。

★時間:10:30〜14:30

※時間内出入自由。ご都合の良い時間にお越しいただけます。

★会場:北綾瀬ピーアークピーくんガーデンコミュニティルーム

東京メトロ千代田線北綾瀬駅徒歩二分(アクセス

駐輪場・駐車場無料。会場内飲食可。お子様連れOK!キッズスペースご用意できます。

★ご利用料金(時間制)

・150分(2.5時間)まで1,000円|240分(4時間)まで1,500円|30分まで500円
 

「写真整理とアルバム作りの会お申し込みはこちら→