足立区北千住カラー教室・カラー講師*長澤陽子です。

 

色って何を勉強するの?

 

そんな素朴な疑問に答えて行きたいと思います。

 

 

色についての学習は、義務教育ではほとんど触れられることがありません。


美術系・デザイン系の学校だと、学習カリキュラムに入っていることもありますが。


だからこそ、「イメージしづらい、分かりづらい=難しい」と思われがちです。

 

 

 

しかし、そんなことはないんです!!


大きく分けると、色は3つのステップで学習して行きます。

 

 

 Step1 色を知る!

 

何事もそうですが、まずは相手(色)を知ることからはじめて行きます。

 

色には、「色み、色の明るさ・暗さ、色の鮮やかさ」の3つで表します。

 

あなたも誰かに見た色を説明する時に、「明るい赤だよ。」とか「暗くて濃い赤だよ。」なんて説明することもあるでしょう。

 

 

 

ですが、この説明は非常に曖昧で人によって想像する色みは異なります。

 

色の学習の中では、「色み、色の明るさ・暗さ、色の鮮やかさ」を数字・英字を使って表現できる方法を学んで行きます。

 

より具体的に、正確に色を伝えることができます。

 

コレだと、曖昧にはなりませんよね。

 

 

色の学習では、ただ講師の話を聞くだけではありません。


↑画像のカラーカード(199色)を使い実際に目で確かめ、手を動かしてもらいながら進めて行きます。

 

このカラーカードは、色の基準。いわゆる「色のものさし」です。

 

 

このカラーカードを使って、色みの違いや変化、明るさ・暗さの変化、鮮やかさの変化を感じながら、色に慣れ親しんでもらうことが最初の段階です。

 

そのほか、普段あまり意識するのことない色から受ける感情やイメージも大切な学習の一つ。

 

 

 

最初のステップは、色を知ることから始まります。

 

 

■長澤陽子 監修書籍&執筆コラム

日本の伝統色を愉しむ -季節の彩りを暮らしに-

点訳版発売 / 台湾語版発売

 

幸運を引き寄せる! 色のチカラ

長澤陽子監修記事掲載:日本ならではの美しい色たち


カラーコラム「暮らしいろ」 株式会社ユニソン
色相環図 http://www.unison-niwa.com/lifecolor/

 

■教室案内


にほんブログ村 デザインブログ 色彩・カラーへ   趣味ぶろ その他のアート・クラフト教室ブログランキング  
にほんブログ村  ごあいさついつも応援ありがとうございますごあいさつ