日本は世界を平和にします

オーストラリアに移住してから日本がとんでもなくいい国だと言うことに気が付きました。
世界を平和にするのは日本ですよ、間違いない。
でもそのためにはまず日本が元気にならなくっちゃね。
ダーウィンから応援しています。


テーマ:

先日書いた、「秘かに徳を積んでいる日本人」にいろいろな反響があったのは、皆さんどこでも同じような経験をされているからなのですね~

 

やはり体が動いてしまうのですね。実はある時不思議な光景を目撃しました。

子供向けのワークショップをやっていたら子供が筆立てを倒し、ペンが散らばりました。そばにいた二人のうち一人だけが片づけ、もう一人は手も付けずに二人でしゃべっているわけです。それでどちらも全然気にしている様子がない。(ちなみにオーストラリアでは日本と違い子供に片付けさせようとせず、保護者など大人が片づけるようです)

 

しかし散らばった本数が多かったので、私の友人の淳子さんが片付けにはいったのですが、そうすると驚くべきことが!何と片付けていた一人が手を休めてしまったのです!それも全く自然に、会話に集中し始めてしまいました。

 

それでですね、これは良い実験になると思い淳子さんに途中でやめてもらうと、またしても自然に一人の人はペンを拾い始めたわけです。それでももちろんもう片一方の人はやらないで、二人でしゃべっている。で、誰も不機嫌になっている様子もないわけです。不思議な感じでしたね~

 

 

これで分かったことは、「誰もする人がいなければ、やる」です。オージールールを発見してしまいました。日本人の場合はむしろ、人がやっていたら申し訳なく思って手伝う、ですが、全く逆です、逆。

 

これに準じた話はよく聞いていたので、ようやく説明ができるようになりました。

オーストラリアではシェアハウスといって他人同士で同居するというのがよくあるのですが、そこへ日本人女性が入ったら最後、気が付けば”専属クリーナー”状態になるのが常のようなのです。

 

シェアハウスではキッチンやリビング、トイレなどは皆で共用しますから、掃除は皆でやるのが普通です。または当番制にするところもあります。

 

しかしオージーや他国の人の衛生観念は清潔好きな日本人には耐えられず、誰よりも早く掃除を始めます。

 

日本人としては自分がやったんだから、次は誰かがやってくれると思うわ♥と、甘い期待をしがちですが、ここはオーストラリア、ルールは「誰もする人がいなければ、やる」です。つまりは「誰かする人がいればやらない」です。掃除をする日本人がいる限り、誰もやらない→日本人が専属掃除係に任命、となってしまうんですね。

 

なので、解決法としては、きれい好きな日本人にとっては辛い選択ししかないのですが、、、

1.掃除係に甘んじる

2.オーストラリアの基準にあわせて掃除を我慢する

3.一人で住む、日本人とだけ住む、または超きれい好きな人と住む

 

さて1.の選択肢は部屋はきれいになるかもしれませんが、精神衛生上よろしくありません。楽観的なオージーですから、黙々と掃除をする後ろ姿を見て、「きっと掃除が好きなんだね♪」と思いますから、手伝ってくれたりすることはないでしょう。抜け出すことはできません。

 

選択肢3.は、せっかくオーストラリアに来ているのだからいろんな国の人と会ってほしいし、それに何より日本人同士で住むと英語が伸びません。そして超きれい好きなオージーや他国の人もいますが、私のシェアハウス引っ越し回数約20件弱の経験から言うと、超きれい好きな人は超変人が多いです。そのうちの一人がこの人→ シェアハウス体験記 ペントハウスの露出狂

 

もう一人超キレイ好きだった超変人ハウスメイトがいるのですが、その人のことはまだトラウマになっているのか、書けませんね~~

 

という事で、お勧め解決策は実は2.なのですよ。何とかオーストラリアにいる間だけでもオーストラリア基準に合わせてもらいたい。豪に入っては豪に従えです。大丈夫、多少汚い部屋に住んでいたって、死にやしません! こっちの人は皿も全然すすがないし、ホコリ舞い散る中で平気で食事しますが、皆さん健康で長生きです。平均寿命は世界第4位で82.8歳ですよ。世界第一位は日本で83.7歳!ですが、それに迫る勢いです。男性においては日本6位、オーストラリア3位です。

資料はこちらから↓

平均寿命ランキング・男女国別順位 - WHO世界保健統計2016年版

私としてはですね、あんなに不健康そうなものを食べている子供が多いのに、こんだけ長生きってすごいな~と。日本の長寿に一番貢献しているのは健康な食事だと思うのですが、オーストラリアの場合はストレスなく、自分の人生を楽しんでいるから長生きなのだろうなと思います。

 

ちなみに私の場合は、何もしなくとも選択肢2の一択です。私は全然きれい好きではないので、我慢せずともオージーや他国の人と普通に暮らせるのですよ、というかむしろ日本人の同居人のほうが大変でしょうよ。。。。

 

日本では片付け、掃除ができなければ人間扱いされませんが、オーストラリアに来て生まれて初めて「きれい好きでなくって良かった」と思いましたよ。いろんな国の人と同居するといろんな体験ができて、面白いのです。という事で片付けの苦手な方、多文化共生を体験したい方は、ぜひオーストラリアへ!

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

Sachi Hirayama さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。