日本は世界を平和にします

オーストラリアに移住してから日本がとんでもなくいい国だと言うことに気が付きました。
世界を平和にするのは日本ですよ、間違いない。
でもそのためにはまず日本が元気にならなくっちゃね。
ダーウィンから応援しています。


テーマ:

昨日は2ちゃんねる乗っ取りのニュースについて記事を書きましたけれども、今日は個人的乗っ取りの経験について書きますね。

 

保守活動をされている人は一度や二度は乗っ取られたり、その場面を目撃したりしたことがあるのではないでしょうか。是非その経験を共有して、皆さまのお役に立てましょう^^

 

さて、私が一番最初に受けた乗っ取り劇はフェイスブック上に作ったグループでした。確か2010年頃に作って、当時はフェイスブックで政治的な活動をする人自体がいませんでしたし、ましてや保守はさらに少なかったころで、保守的思考を持っている人たちは発言する場がなかったので、待っていましたという感じでした。

 

保守グループと言っても、私が作ったものは自虐史からの解放を目指して日本を褒めよう~という内容でしたので、保守系の人たちの話題になる南京大虐殺、通州事件、慰安婦問題などなど暗くなりがちな話ではなく、「日本っていい国」という話ばかりだったので人気がありましたよ(*^▽^*)^^ 

 

しかし楽しく日本褒めまくりだけでは現実に起こっていることに関する情報交換ができないし、荒らしにも対処できないという事で、別グループを立ち上げたりしたあたりから少し軌道がずれ始めました。


フェイスブックのグループを管理したことがある方はご存知かと思いますが、立ち上げた人がAdminを任命して、複数で管理することが可能です。当時一人で全グループを管理するのは無理でしたので、サブ管理人さんを置くようになりました。当時私に対するバッシングも始まっていたので万が一の場合に備える必要もありましたので、一応サブの管理人を何人か信頼できる方にお願いしていました。

 

そうしたらやはりその中の一人にある種の方々が近づき初めまして、、管理人に〇〇さんを入れたいとの相談がありました。私はどう考えてもその人はまずい!と思って反対したのですが、「大丈夫ですよ~信頼できる人ですから~」と言って管理人にしてしまいました。

 

その新しい管理人○○さん、真っ先にしたことは私をグループから排除して、確か私がアクセスも出来ないように設定を変えられたような記憶が。。この辺のところは記憶が定かではありません。あれよあれよという間にグループ全部を乗っ取られましたからね。

 

しかしなぜ私がこの人は危ない!と思ったのかというのはよく覚えていますよ。その人の投稿内容がいつも中国、韓国に対する罵詈雑言であふれていたからです。「中韓の悪口を言っていれば保守仲間~」という雰囲気の時代でしたので、うっかり信頼したのもわかります。私なんかは今でもそうですが、この人覚醒しているんだわ!と思いつ気を許してしまい、、、失敗したことも多々あります。経験から学ばなければ!

 

しかし当時からすでに似非保守と言ってですね、潜り込んでいる人たちがその後ろにいたのですね~。黒塗りのバンに乗ってがなり立てている街宣右翼と同じ構図ですね。背後にはいつも外国人が! なんのこっちゃ?と疑問に思う方はこちらをどうぞ→「右翼団体の正体」 それから私の記事も →「日本の常識^^」

画像はこちらからお借りしました→「なぜ日本人に愛国心が育たないのか~浅次郎の勇気凛々ブログ」

 

 

さて、私の経験談に戻りますが、グループを乗っ取った後はですね、もちろん私のアカウントへの攻撃も始まりました。当時フェイスブックのページに行くたびに「不正アクセスがありました」、「警告があります」などのメッセージがあり、本当にうんざりしていましたよ。

 

そうそう、今現在は「しばき隊」という民族差別に反対する団体の方々がツィッターで通報され、アカウント停止されまくっていますが、私も当時同じことをされたようです。と言っても私は罵詈雑言などは使っていませんでした。自分の管理するグループ内で暴れまわっている人がいましたから「〇△さん、そのような言葉を使うのはやめてください」という管理人として責任をもって注意した言葉に対し「個人に対する誹謗中傷に当たる」という警告が来ていました。

 

まぁ、こんな感じでフェイスブックで政治活動をさせないように乗っ取りグループの方々も必死だったようですね。

 

そしてついにはアカウント停止!こちらの記事「日本の秘密をばらしたら」にある通りに散々警告はもらっていたのですが、最後の決め手となったのは私の名前でした。私の本名を知っている人がフェイスブックに通知をしたらしく、本名と違う、もし同じであればパスポートで証明しろ、というメッセージが来てアカウント停止となりました

 

私はそのフェイスブックアカウントは保守活動のためだけに使っていたようなものでしたから、大したダメージは受けず、そのまますぐにオーストラリア現地での活動に切り替えました。

 

しかしこれはフェイスブックでの保守活動にはマイナスになったかもしれませんね。誰しもフェイスブックのアカウントを潰されるのは嫌ですから、表立って保守活動をやればこういう目に合うというのを目の当りにした人達は、発言を控えるでしょうし。

 

2chというフェイスブックといいこうやって色々、あの手この手でつぶしてきたんですね~すごいです。なんの探偵小説??と思われるかも方もいらっしゃるかもしれませんが、でもこうやって話をすることで、「こんなアプローチがありませんでしたか?」との質問があり私も「そういえば!あったあった~」とい経験を共有することも出来ましたので、何かしら意義があるのだと思います。

 

これは実際に現実に起こっていることですよ。そうだ私が受けたネットストーカーの話も忘れないうちに書きましょうっと(;^_^A これも恐ろしい話ですわよ~~σ(^_^;)

 

 

それではいつも応援ありがとうございます。

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

Sachi Hirayama さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。