客を待たせない、安くて、美味しい回転寿司。最近はネタも良くなり評判も上々だ。家族で出かける寿司屋の定番になった。おかげで近所の江戸前寿司は閉店、宅配寿司屋も影を潜めた。

 

 

最近家族に誘われて行ってみて分かった。美味しいネタに喜び、スッキリとしたくて、お茶! ところがなんとお粗末、耳かきで淹れる粉茶葉の溶かし汁。青汁宣伝を思い出す。これは健康にいいから我慢して飲むものだろうか? 苦い、ザラザラと茶葉が砂のように口に残る。

 

そこで、家族で議論してみた。

・この寿司の値段じゃ美味しい煎茶は出せない、何杯も飲まれたた赤字だろう。

・じゃ商品の1つとしてメニューに出したらどうか。ということになった。

例えば:特上煎茶2杯¥1000

     凍頂烏龍茶3杯¥1000

     ダージリン・タルボ・ファーストフラッシュ2杯¥1000

 

イヤー! 楽しくなるだろーな。

急須に入った特上煎茶、トロット甘く舌を刺激。

テーブルの上に広がるダージリンティーの香り。

台湾:凍頂烏龍茶が中国茶器で出てきた、とか。

 

 

 

言うは易しだ、こんな店実現できる経営者は天才経営者なのかも。