亜熱帯の台湾気候を表現したようなセクシーなお茶の名は TOCHO烏龍茶。香り付けはしてないという何とも不思議なお茶。

 

 

飲み味は色々な表現がありますが。

「飲んだ後にバニラ、そしてミルクみたいに甘い香りが残る」だとか。

「バラのようなフローラル系の香りがする。蘭のようなフレッシュな香りもする」など。

 

 

水出しでも爽やか。

 

 

しかし問題がないわけではない。いつもトップクラスの凍頂烏龍茶が取れるわけではありません。添加香料を使わないだけあって天気任せ、自然の味を最高に引き出すのは難しい。

「バニラ族のセクシーな甘い香り」と言っても品質の悪いものではただ臭いだけになってしまうからだ。

飲むなら飲む価値のあるもの、つまり、あなたを香りで虜にする凍頂烏龍茶を飲むべき。

 

展示会やサンプルお取り寄せで幾つとなく凍頂烏龍茶を飲み比べさせて戴きましたが香りに嫌味があったり、セクシーな甘い香りとは異なるものがほとんどでした。

そこで直輸入するようになったのです。