スイーツ抜き、砂糖抜きで楽しめるお茶に馴染んでみませんか。ある程度の味覚訓練が必要ですが、慣れれば特別な満足が得られます。また味覚が鋭くなるため和食など堪能するのにもいいと思います。

 

相撲のスイーツ親方といえば芝田山親方。引退後はスイーツ評論家になりたいといったとか。糖尿病だということは聞きませんし糖に強い体質なのでしょうか。本当に怖いのはスイーツを止めれれなくなる依存症かもしれませんね。

 

紅茶は砂糖やスイーツと縁が深いのは自明のことです。

日本茶を思い出してください。これに砂糖やミルクを入れますが? 日本茶は、香り+渋み+苦み+コクで味を構成する優れものです。砂糖やスイーツは食べずに楽しめます。

 

http://www.global-top-tea.com

 

以前、日本紅茶協会のレッスンを受けたことがあります。ダージリンやセイロン紅茶を淹れる実習の最後に、講師がアイスティーを淹れる講習を行いました。氷の上から熱い紅茶を掛けグラニュー糖加えます。その量がグラス半分ほどになり受講者が「アッ」と叫びました。講師は「じゃ今日は半分ぐらいにしておきましょうネ」と減らして」難を逃れました。たかがアイスティーであれほどの砂糖を入れているとは知らなかった、ということ。

 

私は気温が上がった来たので水出し紅茶を作り出しました。仕事でもスポーツでも ほど良い飲み心地で気分を一新できます。