5月5日は何の日?

テーマ:

 

こんにちは!

今回のテーマは「端午の節句」です。

 

5月5日は端午の節句(こどもの日)ですねカブト

どのような日なのかや、行事食についてお届けします!

 

 

*端午の節句とは??

 
端午の節句は、男子が健やかに成長し、立派な人間となることを願う日です。
 
端午の節句が近づき、こいのぼりを見かけるようになりました。なぜこいのぼりのを飾るのかをご存じですか?
コイが滝を登り切ったとき、龍に変身するという中国の伝説にちなみ、江戸時代頃に飾るようになりました。
こいのぼりの1番上の5色の吹き流しには、魔除けの意味があります。
 
また、端午の節句は菖蒲(しょうぶ)の節句ともいわれており、
お風呂に菖蒲の葉を入れる菖蒲湯では、無病息災を願います。
旧暦の5月5日は、今の6月にあたり梅雨の時期です。長雨の湿気から病気にかかりやすく、おそれられていました。
菖蒲の葉は剣に似た形のため、邪気を払うものと考えられ、用いられたようです。
 
 

*行事食

 
皆さんは端午の節句に食べるものといえば何を思い浮かべますか?
赤飯、ちまき、柏餅、菖蒲酒など様々な行事食があります。
今回はその中から、柏餅をご紹介します!
 
 
柏の葉は新芽が出るまで古い葉が落ちないことから、
   ・子供が育つ前に親が亡くならない、家計が途切れない、などの子孫繁栄
   ・男子の健やかな成長
などを願って用いられます。
 
西日本では柏の自生が少なく、サルトリイバラの葉が用いられることもありますが、今は輸入により柏の葉が手に入りやすいため、柏の葉で包んだ柏餅を全国のスーパーなどで購入することができます。
 
 
今年は端午の節句がどのような日であるかを思いだし、葉にも注目して柏餅を食べてみてくださいね虫めがね