切迫流産、早産の要因には 「多胎妊娠」 「前置胎盤」

「低置胎盤」「子宮頸管無力症」 「感染症」

「妊娠中毒症」 「羊水過多症」
など さまざまな原因があります

どれも胎児の生命維持に直結する要因だと思いますと
とても不安になりますね
異常に気がついたときには すぐに受診することや
もしものときに備えて 入院の準備を

早めにしておくことなどが大切です

ただし、安静に過ごせば回避できるトラブル
安全な処置を施せば改善されるものもありますので

リスクばかりに囚われて過剰に不安を感じすぎないことも

母子共に、大切な回復力に繫がります

切迫流産、早産について 過剰に不安にならないように
目で見て理解できる簡単な方法として

胎児モデルをご利用いただけます

胎児人形のモデルを使って説明が可能なものをご紹介します
※症例はさまざまです わかりやすい例をとって説明いたします

※ご自身の症状などとは違う場合もありますので注意してください

 


「前置胎盤」 「低置胎盤」

 

〇胎盤の位置を確認します

 

 

各胎児モデルには実物に近い大きさ、重さの

胎盤、羊膜、へその緒が付属しています

通常は、正常な位置にセットされていますので

胎盤裏のスナップを取り外して子宮口近くに置いてください

 

 

全前置胎盤、一部前置胎盤、辺縁前置胎盤の区別も

多少、説明いただけます


また、着床時のポジションが関わってきますので

1ヵ月胎児モデルまたは、子宮分割モデルで

着床の正常な位置を知らせることもできます

 

1ヵ月胎児モデルは妊娠のはじまりである

着床時を子宮内膜とともに表したオリジナルモデルです

 

 

 

子宮分割(1/2)モデル
子宮外妊娠などの初期の妊娠トラブルや 婦人病などの説明や
思春期講座、初経指導などに使用していただくように
子宮(実物大)モデルを分割して表したモデルです

 

 

 

着床シートと、月経用子宮内膜シートが付属します


「子宮頸管無力症」

 

〇子宮頸管の位置と様子を確認します


妊娠9ヵ月にもなりますと 子宮内は大きく育った胎児で占められています
子宮口にかかる重さの負担がたいへん大きくなっていることが見てとれます

しっかりと閉じているはずの頸管部が開いてしまうことを言い
流早産の大きな原因としてたいへん多いものです

 



9ヵ月胎児モデルに限りまして、子宮断面部の頸部が

スナップで開閉できます

↑は、 分娩時の子宮口を模した画像ですので 大きく開きすぎていますが
子宮頸部の緩みと処置方法などをご説明いただけます

 


「羊水過多症」

 

 

胎児モデル(推奨セット)には どれにも羊膜が付随しています

 

 

羊水過多とは 羊水量が800mlを越えるものですが
羊膜の内側に羊水を蓄え、胎児に一番近い卵膜の一部であることを
理解していただくことができます

 



「多胎妊娠」

双子ちゃん胎児をオプションでお作りしています (これまでは双胎児のみ)

 

 

一絨毛膜一羊膜、一絨毛膜二羊膜、

二絨毛膜二羊膜のご指定をいただき
胎児の大きさも指定していただくことができますので
発育の差が認められる場合の身長、体重を

別個に指定いただくこともできます

 

妊娠34~35週になって生まれれば

赤ちゃんは自力で呼吸が出来ます
36~37週になれば 体温調節機能も

備わっているといわれます
素晴らしい胎内の環境下で育ててあげれたら

そんなに良いことはありませんが
妊娠に関するリスクやトラブルは数え切れないほどで
深刻に悩むばかりでは乗り越えられないことも数多くあります

みなさんが 心から信頼の置けるお医者様と出会い
身の周りに手助けをしてくださるかたがたがいてくださって
豊かに、心のゆとりを持つことができる妊娠生活を

おくられることを願っています

 

♪:*:・・:*::*:・・:*:♪:*:・・:*::*:・・:*:♪:*:・・:*::*

 

coron*のご予約、お申し込みはこちらへ


赤ちゃん人形コロン* 製品オールラインナップHP

 


お問い合わせは実店舗 マミー プーへ お願いいたします

 

ぬくもりの赤ちゃん人形 coron* HP

mom-pooh@beige.plala.or.jp
TEL 0548-58-3088
Fax 0548-63-2716
(お急ぎの場合) 09056284622(神田まで)

 

♪:*:・・:*::*:・・:*:♪:*:・・:*::*:・・:*:♪:*:・・:*::*

 

AD