旅・あらゆるもの

有言実行  私の目標です!




多くのブログの中で、こちらにも遊びにきていただき、


とても励みになっています。ありがとうございます。


冒頭の俳句は 俳句を勉強中の私の友人 ますみ さんからお借りしています。








1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2018-10-13 23:43:43

みずとくじら

テーマ:備忘録
 
 
空高くおとぎ話のような雲              ますみ
 
 
この↑壁が 可愛くて可愛くて可愛くて・・・・照れ
 
素通りしてから また会いたくなって 
戻り、
遂にはお店の中へ。  
優秀な呼び込みさんだ・・・(笑)
 
 
 
 
TVで紹介され 宴会も楽しそう。
 
 
とっても小さな定食屋さんなのに、インパクト強かったなぁ。
 

 
 
友も私も、足立区の西新井に降り立ったのは 初だった。
 
見知らぬ街を歩くときは
ウキウキ気分に、
少しの哀愁が混ざる。
 
 
 

 
興味ある方はこちらへ。
 ↓
 
店名も 好きだな。
 
 
何よりも 
冒頭の猫ちゃんが 我が部屋の壁を破って 遊びにきて欲しい。
・・にゃん。
 
あしあと
 
 
 
 
 
2018-10-04 01:15:35

お刺身がのりました。

テーマ:芸術
 
 
秋燈の沁みしスプーンを指先に                  ますみ
 
 
 
 
 
 
さて。
 
ようやくです。
 
今年2月に記事にしました  → 陶芸   
あの お皿達・・・・・
 
image
 
 
そのうちのひとつが、遂に 食卓に登場致しました。
 
 
image
 
 
 
へへへ・・・・デレデレ
 
お皿が小さいの。。。。
特大のボタンエビなら 確実に お尻 尻尾がでちゃう。
 
でも いいの。 
自分が作ったものだから 可愛くてしょうがない。照れ
 
今、気づいたけれども、この女子旅(昨年の11月) まだ全然アップしてなかったかも。あせる
 
素敵な宿だったので 近いうちに必ずや。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2018-09-29 22:46:08

響いた言葉 と 週刊文春 表紙。

テーマ:備忘録
 
 
眩しさの溢るる窓にいわし雲   ますみ
 
 
 
 
「お釈迦さんがね 『人間として生まれることはきわめて稀なことだ』 と言ってるの。
だったらね、生き続けなきゃ、もったいないじゃない」
 
女優 樹木希林さんが、「学校に行きたくない君へ」(ポプラ社)
で 子供たちに残した言葉だそうだ。
(平成30年 9月18日 産経抄より)
 
ずっきーんと 響いたので 残さねばと思った。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
週刊文春の表紙が好きだ。
(イラストは和田誠氏)
 
先日、部屋の片づけをしていたら 昔の表紙が どっさりでてきた。
 
何らかの参考にしようと思ったのか?
大量だ・・・。(  ゚ ▽ ゚ ;)
 
 
興味ある方は スクロールしてみてください。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
手に取ったのを 順番に並べていて、
この9枚セットを 最後の1枚でちょうど終わらせられるのか? 
興味深々だった。
 
 
結果!!!!  この1枚が 余った!!!!笑い泣き
 
 
うわぁ~・・・・惜しい。 惜しい!!
 
と 言いながら よっこらしょと 立ち上がって 片づけの続きを始めたら。。。。。
 
なんと、なんと、もう1束 でてきた!!!
 
いつか 続く。
 
 
 
 
2018-09-19 20:23:46

2018 7月 富士登山 後編

テーマ:富士登山
 
 
ゆく路は富士も山葵も水も澄み   ますみ
 
 
 
 
 
の続き・・・。
 
富士山頂のお鉢巡りの時間は だいたい1時間半と言われている。
 
正直、くったくた だったが、
足の疲れ以外は ベストな状態だったので、
ルンルンで出発した。
 
 
山頂には 八ツつのピーク
 (この 「八」から お鉢巡りと呼ばれるようになった説もある)
  • 白山岳(はくさんだけ) 3,756m
  • 久須志岳(くすしだけ) 3,725m
  • 成就岳(じょうじゅだけ) 3,735m
  • 朝日岳(あさひだけ) 3,733m
  • 浅間岳(あさまだけ) 3,722m
  • 駒ヶ岳(こまがたけ) 3,722m
  • 三島岳(みしまだけ) 3,734m
  • 剣ヶ峰(けんがみね) 3,776m
・・・・・があるが 剣が峰以外は よく分からず・・・。笑い泣き 
 
 
ルートは、
右回り 左回り を選ぶのは自由とのこと。
(仏教の礼法からすれば右回りが正式のよう)
 
今回は 右回りだった。
 
簡単に要所要所を。
 
 
「銀明水」 富士山の霊水が湧き出ている・・・と、されている。
 
 
火口の底は 大内院 と呼ばれ 深さは8合目まで達するそうだ。
凄い・・・・・
 
 
冨士浅間大社により 禁足地と定められ 聖域となっている。
 
 
こちらが 銀明水の湧き出ていた場所。
 
 
淡々と歩いているようでも、実は 相当きつかった・・・・。チーン
前方にピークが現れる度 卒倒しそうだった・・・。チーン
 
それでも頑張れたのは 
美しい空、そよぐ風、と、自然の恵みを浴びていたからだと思う。
 
image
 
 
廃仏毀釈により破壊された仏像。 
   ↓
 
        ↑
左側が 「馬の背」  ほんとに ズルズル滑った!!
 
有名な この 馬の背。
登りでも 滑るので、
下りは どれだけ危険か 容易に想像がつく。
 
この馬の背の坂を下らないように 
お鉢巡りは 右回りチョイスが圧倒的に多いそうだ。
 
納得!!!
 
 
 
こちらが 剣が峰。 日本で一番高い場所になる。
    ↓
 
石柱の隣で写真を撮るために 2~3時間・・待つこともあるそうだ。
この日も大勢並んでいて 諦めるしかなかった。
 
 
かつてあった展望台の跡だと思う。
   ↓ 
 
こちらは 三角点。
 
  ↓
 
 
何??何?? と、 興味ある方は こちら  でどうぞ。
 
私は初だった影富士。      感動だった。ラブ
 
 
霊山である富士山の火口は 巨大なお賽銭箱 だった と言われているが
 
 
 
時々 古い貨幣が見つかることがあるそうだ。
 
私のイメージでは こんな感じ。
 
 
 
いつか お目にかかりたい・・・・・。
 
 
こちらは 金名水。
  ↓
 
足は 疲れていて 一歩一歩が重かったけれども、
火口の迫力に テンションマックスロケットで、
思いのほか 楽しかったな。
 
 
あまり写真がなくて 残念だが、
少しでも 山頂の歴史のちょっとだけを感じて頂けたら嬉しゅうございます。
 
もっと もっと勉強してから 再度巡ろうと思う。
 
 
 
山頂で頂いた御朱印。 今年は特に記念ね。。。
 
 
毎回泣かされてきた下山だが、(滑るし 退屈な景色だし、膝が痛いし)
 
今年は 友が一緒だったので 
お喋りしながら 軽快に歩けて 快適だった。
 
ポール(ストック)が便利だった。
 
 
 
 
そうして 温泉につかって 食事をして (ほうとうが美味しかった)
 
 
 
渋滞にもイライラせず 
 
 
 
天気にも恵まれ最高な 富士登山を終える。
 
書き足りないことが 山のようにあるけれども、
このへんでよかろうか・・・・?
 
 
 
美しい 日本。
 
 

 
 
2018-09-02 10:21:21

新大久保でチーズタッカルビ

テーマ:食!

 

 

 たのしさは秋の夕餉に載る土産    ますみ

 

 

 

 

 

 

前記事から移動した場所は 新大久保。

 

昨年行ったときに、「韓国ちょこっと廃れ感」 があり、それなりの覚悟で行ったら、

 

予想に反し、

ものすごく賑わいでいて驚きだった。

祭りのせいもあったのかな??

 

プラプラした後、暑さ含めた 様々疲れがピークに達し、飛び込んだお店が・・・。

 

カントンの思い出

click 

 

 

元祖 チーズタッカルビ 

 

とあったが、

今や どこもかしこも 新大久保 チーズタッカルビの看板ばかりで、

 

元祖って ほんとかいな? と思いながら 

キムチつまみながら 待つこと20分。

 

 

 

 

 

 

きたきたきたーーーーー!!!アップアップアップ

 

 

 

うまかっ。。。。。照れ

 

 

たいへん美味しゅうございました。

 

マッコリも 今や種類がたくさんあって、

まずはビール生ビールの次に 生キゥイをチョイス。

(タッカルビと格闘していて写真がない・・・・チーン

 

それと、私は食べなかったのだけれど、

このような・・・・

 

 

ホットドッグが大人気。

 

並んででも 食べたい味なのだろうな。

 

カロリーすごそう。。。。

 

 

今度 粗食の後に 挑戦する予定。

 

 

 

 

 

 

 

 

2018-08-29 00:00:11

大道芸人 けん玉師伊藤祐介 & サントリーローヤルCM

テーマ:動画
 
 
向日葵の後ろ姿を帰路に見ん                ますみ
 
 
 

日曜日に ディズニーランドがある舞浜イクスピアリで出会いました。
 
私は知らなかったのですが、日本初のプロけん玉師。
ギネス記録もあり。
どんなギネスなのか興味ある方は こちらで
 
     ↓


 
素晴らしかったな。 
 
ものすごーーーーーーーく暑かったけれども、見入ってしまった。
 
 
暑さに弱い友達が 近くの建物の中に避難していて、
時々私の姿を確認にビルの中から出てくるのですが、
待つのも もう限界かなぁ? のタイミングで 
慌ててその場を離れたので、
うっかり 投げ銭(おひねり?)を忘れてしまい、後悔。
 
こういうのって きっとどこかでまた機会が訪れる筈。
私はそう思います。
 
 
 「大道芸人」 で 真っ先に思い出すのが、
サントリーローヤルのCM ランボオ篇。
 

 

 

 
いつまでもいつまでも曲と映像が残った。
 
物悲しくて、キュンキュンきた。
 
1983年か。。。。。
 
ついでに、
 
ガウディ篇も。
 

 

 

懐かしいなぁ。

 

あの頃 私は何してた???

 

 

 

 

 
 
2018-08-19 01:12:17

2018 板門店(JSA)ツアーPart3 JSA~帰国まで。

テーマ:2018.ソウルひとり旅
 
 
路地入ればざんざんと秋蝉の声   ますみ
 
 
 
ホテル近くの COEX MALL (コエックスモール)にて。
一面にあるのは書棚です。 凄いでしょ??
 
関東、朝晩涼しい風が吹き始め、よやっと秋の足音が聞こえはじめた。
このまま暑さが落ち着くといいのだけれども。 どうかな?
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
の続き。
 
 
 
キャンプボニパスにて
UNCMAC(国連軍司令部軍事休戦委員会)
のゲストバッチを付け、宣言書にサインをし、 本会議場へ移動。
 
宣言書が日本語で良かった。 〇で囲んだ箇所には、
「敵の行動によっては危害をうける、又は死亡する可能性があります」
 
と。書かれている・・・・・・・滝汗  もちろんサインしたけど。
 
 
話は遡るが、 臨津閣 を出発してから、着くまでに、
2度 バスの中で パスポートチェックを受けた。
 
チェックするのは ツアー担当の軍人で、
ガイドさんによると、
 
身長178cm?(175cmかも?) 以上、
大卒以上、英語堪能、良家、(例えば、親が離婚はアウト)
など など の厳しい条件をクリアーしたエリート軍人で、
 
若い女性から 結婚相手として狙われているとか?いないとか?
但し、「顔の制限はない」 というところで 我々は爆笑!!!
 
なので、ついつい乗り込んでくる軍人さんの顔を最初に見てしまう。
行きも帰りも カッコよいお顔(4名)だった。
 
 
話は変わるが、
JSAツアーに参加するには、
服装やら 行動やら 様々な制限を守らなければならない。
 
「JSAツアー」 或いは 「板門店ツアー」 で
検索していただければ 山のようにヒットするので、
興味ある方は そちらでどうぞ。
(手抜きですみません・・・)
非武装地帯に 民間人が住む村もあるが 
そちらもどうぞ。
 
 
話を戻して・・・。
観光バスに荷物を置き、
スマホ、ハンカチだけ持って 国連軍のバスに乗り換え、
少しの距離を移動し 軍人の監視のもと、バスを降り、本会議場へ入った。
 
もうガチガチ。(私)
 
境界線を守る軍人は ツアー担当軍人とは違う?と思う。
(ちゃんと確認すれば良かった)
 
サングラスをしているのは 
表情を敵に悟られない為・・などなど、いくつか理由があるそうだ。
 
 
 
中央テーブル旗の延長上に マイクがあり そのラインが建物内の境界線。
(写真を撮るのを忘れた)
 
会議場はいくつかの制限を守れば 歩くのは自由なので 
北朝鮮側に立ったり 戻ったり。
 
 
観光客が全員出口に向かった時を狙って写真を撮った。
奥側が北朝鮮になる。
 
3名の軍人さんの横で ツーショットを撮ったけれども、
緊張した~。
 
声をかけてはいけない(笑わせてはいけない) が 
「やってはいけないこと」 に入っていたが、
 
そんな制約がなくても できない。と思う。。。。
 
image
 
私は ひとり参加だったので、ガイドさんが気を遣って一番に呼んで
写真を撮ってくださったのでラッキーだった。
滞在時間が たったの 5分なので 
ツアー参加者全員が
軍人全員とのツーショット撮影するのは 無理だったと思う。
 
 
こちらが 有名な 「軍人境界線」
 
 
左の砂利が韓国側、右の砂が北朝鮮側

韓国側は侵入すると音が鳴って分かるように、
北朝鮮側は侵入者の足跡が残るように。
 
 
・・・と、
どこかで見かけたが、正しいかな?
 
 
 
奥側が北朝鮮で手前が韓国だ。
 
 

 

パンムンジョム 

今年は この名前をたくさんニュースで聞いた。

JSA(板門店)のことだ。

 

2018年 4月27日に行われた南北首脳会談で、

 

南北分裂後、初めて北の主導者が軍事境界線を越えたということで

話題になった。

まさしく 上の写真の場所。

 

↓ 何? と思われた方は こちらをどうぞ。

 

 

 

 
遠くに見えるのは 北朝鮮の 板門閣。
この建物を見ながら思うのは
 
「拉致された方々が 1分1秒でも早く日本に帰られますように」
その願い ただひとつだ。
 
 
韓国の北朝鮮による拉致被害者は 公式認定された数だけでも 486名 だそう。
(Wikipediaより)
 
その多さにも拘わらず、日本との大きな温度差がある。
(さほど話題にならない 報道されない)
 
これは 今回のツアーで 改めて感じたこと、
決して同じ線上で語られないことではあるが、
 
離散家族の問題も抱えているからではないかな?と・・・。
 
 
 
こんなに近いのに 歯がゆい。
 
 
 
向かって右側 建物前の軍人さんは ↓
 
image
半身だけ外に出して北朝鮮を監視している。
 
攻撃されたらすぐ身を隠せられるように・・と言われている。
指1本動かさない。 凄い。
 
長いような 短いような
息を止めていたような? いないような? の、
言葉に表せない緊張の5分間 が終わった。
 
 
北朝鮮でも 同じようなツアーが行われているらしく、
(中国人が多いとか?)
もし、同じ時間帯に 北朝鮮側が会議場を使用していれば
我々は入ることができず、
 
「けれども、いいこともありますよ。至近距離で 北朝鮮の軍人が見られます 」
 
という話をバスの中で伺ったが
仮にそれが二択となった場合は、
私には一択しかあるまい。
 
絶対入りたい!! 
 
願いは通じた。照れ
 
 
 
お伝えしたいことは まだまだあるけれども、今回はこのへんで。
 
すみません、この後、まだまだ続きます。
お疲れでなければ お付き合いお願いします。
 
 

ツアーは いくつかの組み合わせがあって 今回は JSAだけを選んだ。
もしかしたら 別のコースで再び訪れるかも。
 
 
2001年公開の映画 JSA を劇場で観た きっかけは
週刊誌の宣伝記事だった。
 
「板門店と まったく同じセットを作った」
 
に、興味を持ったからだった。
いざ 映画が始まると、それまで私が感じていた朝鮮半島とは違う、
その姿に驚いた。 硬い硬いイメージがあった。
それは偏見だったのだ。
 
私と同じ場面で笑えるジョークが そこにはあった。
私と同じ重さで友情を感じる心があって、思いやりもある。
 
けれども、そこには 私の知らない戦いがあった。
 
エンディングが終わっても しばし動けなかった。
 
韓国をもっと知りたいと思った。
 
 
場所は代わって こちらは
 
 
三成駅まで移動して 突入したCOEX MALL (コエックスモール)。
 
数年前は 時間がなくて ゆっくり見られなかったので 
今回こそ。
で、近くのホテルを選んだのだった。
 
暑い中の移動だったせいか のどが渇いて渇いて!!
私には珍しく、
カフェ PASCUCCI (パスクッチ)の
かき氷(ハッピンス)をチョイス。
 
マンゴーが食べたくて。
四角い白いのは チーズケーキ。
たまらなく とても とても 美味しかった。
 
 
が。
 
量があまりに多く (わかっていて注文したのだが)
その4時間後の
ユッケジャンが全部食べられなかった。。。
 
 
 
珍しく?? 春雨が入っていて こちらも美味しかったのだが、
 
 
 
あと少しがどうしても 入らなくて。
 
 
23時頃ホテルに戻り
TVをつけたら 演技派俳優 チャン・ヒョクのドラマが・・・・
好きな役者さんのひとりだ。
 
 
私の知るチャン・ヒョクは 時代劇が多かったので、
刑事役とは珍しいなぁと、真剣に見だしたら とまらない。
字幕がないから、正確にはわからないけれども、とまらない。
アクションもの 好きなのよね・・・。
 
2話で終わるだろうと思ったら とんでもない。
そのまま 
翌朝の10:00まで観てしまった。
(途中寝おちたが ほぼほぼ観た)
 
11:00にはチェックアウトをしなければならなくて 
当初の予定では 早朝に 近辺を散歩する筈だった。
 
しかし。
幸か不幸か、成田から 右足首を痛め歩くのに支障がでてきて、
恐る恐るの
JSAツアー&コエックスモールだった。
 
この暑さだし、もういいや。 
このまま観ちゃおう!! 
で。
続投して・・・
何時に終わるんだろう?? と ドキドキしながら観続け・・・。
 
うまい具合に 10:00頃 最終回となったので、
万歳!ロケット
急いでシャワーを浴び、
後ろ髪ひかれることなく TVを消し(笑) 空港へと向かった。
 
今日、調べてみたらあった。   これこれ 「ボイス」 だ。

 

 

約 11時間見通した贅沢な時間。

(途中からとはいえ・・)

 

日本ではあり得ない 尊い時間。

(多くの人から?みれば無駄な時間か・・・・笑い泣き

 

 

 

仁川空港に着き、キムパを買い、チェックイン後に頂いた。

 

相変わらずの弾丸だったが 今回も恵まれた旅だったと思う。
 
 
空港に着く前から 帰りたくなくて
もう一泊予約すれば良かったと 心から悔やんだ。
 
 
 
長くなりましたが、
お付き合いありがとうございました。
 
噂には聞いていたけれども、
韓国は パスポートのスタンプがなくなったのね。
 
成田も帰りは希望者だけだった。。。。
 
 
未練がましく 2年前の韓国、最後のスタンプを載せたりして。
 
 
楽しみが減ってしまった。
希望者のラインをつくればいいのに。
 
 
 
・・・・・おしまい。
 
 
 
 
 

 
2018-08-15 14:34:14

2018 板門店(JSA)ツアーPart2鳥頭山、臨津閣

テーマ:2018.ソウルひとり旅
 
睡蓮の花びらを透く陽よ水よ     ますみ
 
 
 

「臨津閣(イムジンガッ)」での自由のリボン。
 
 
 
 
今日8月15日は 終戦記念日。
 
すべての平和を願いながら この記事の準備をしていた。
 
 
 
前記事からの続き。
 
泊まったホテルの江南から JSAツアーの集合場所のホテルまでは、
地下鉄で1時間近くかかる。
 
9時集合だったが、
念には念を。 で、7時過ぎには ホテルを出発した。
 
地下鉄の乗り継ぎは順調だったが 駅に着いてから逆方向に歩いてしまい、
近くで警備していた警察官に道を聞いてしまった。
 
(今回の旅は自力で頑張るを目標に掲げていたが ここで崩れる・・・チーン
 
汗だくになりながら 10分弱歩き回り・・・ようやくオフィスに到着。
 
この階では 他会社のツアー看板も見かけた。
 
受付(英語)で パスポート、申し込み用紙確認と 
昼食付ツアー料金(100,000KRW 現在のレートで 9、808円) 
を支払い、
その後、出発まで充分余裕があり
滝汗をおさめることができた。
 
ソウルも異常な暑さだった。
 
 
展示物。
 
 
このブログで 何度も何度も何度も何度も何度も 書いてきたが、
私が韓国に興味を持ったきっかけが、
このJSAの映画だった。
(下は 映画とは別の 本物のJSAの写真)
 
詳しいことは Part3にしよう。
この先、長くなる予感。
 
 
最後まで お付き合いただけたら 感謝です。
 
 
この日の 日本人参加者は 私含めて5名のみ。
他は全て欧米人だった。
時間になり バスへ移動。
 
    ↑
こちらは 日本語をキャッチする優れもの。
 
どこに居ても 日本語ガイドさんの声が耳元で響いて 便利だったなぁ。
 
 
 
最初に訪れたのは、
 
「鳥頭山(オドゥサン)統一展望台」
 
朝鮮半島を流れる川 (江)
漢江(ハンガン)と、臨津江(イムジンガン)の合流地点にある。
 
すみません。 地図を拝借しました。
 
 
地図の赤い線  が 軍事境界線。
緑の点線 ・・・ が非武装地帯。
オレンジの点線 ・・・ までは民間人統制区域
(民間人の立ち入りを規制している緩衝地帯)
 
ということは 誰でも自由に訪れることができる。
 
 
 
向こう(北朝鮮)の岸まで
いちばん狭い幅が460mなので、北朝鮮の人々が見られる。
(下の写真)
   ↓
 
 
ある日を境に 家族が北と南に分断され、
 
「すぐ会える」 と信じたまま、約68年も経ってしまった、
その無念さを想像するだけで 胸が苦しくなる。
 
館内には 北の家族に宛てたメッセージが壁一面に展示されている。
写真や言葉が多い中、印象に残ったものがこちら。
 
言葉は読めないけれども、迫ってくるものがあった。
 
一方、
ソウルの高速鉄道 KTXは、
北朝鮮通過さえ クリアできれば パリまで走る のが可能だそう。
 
 
だから、パリの背景なのね・・・。↑
 
既に線路は通っているとか?
 
夢のような話だと思いません?
私が生きている間に、開通したら 凄いな。
 
このことに限らず
そのような明るい未来を閉ざす闘いが 地球上にはなんと多いことか。
 
 
複雑な思いを抱きながら次の観光地へ。
 
 
 
 
平和の鐘 (朝鮮戦争で使われた 銃やヘルメットを溶かして作った)
 
 
 
ソウル首都圏内にある「臨津閣(イムジンガッ)」平和公園」
軍事境界線から南方約7Km 民間人統制線より南の位置にあり
こちらも 誰でも訪れることができる。
 
 
朝鮮戦争(1950~1953年)の激戦地である。
 
 
京義線にかつてあったチャンダン駅で北朝鮮の爆撃を受けた機関車。
約1020の爆弾跡があるとされている
 
 
 
 
独立運動家の チョ・マンシク は 日本の明治大学法学部卒。
朝鮮のガンジーと呼ばれているそうだ。
 
image
 
 
 
 
 
停戦後、韓国軍の捕虜 12、773名が 北から帰還する時に歩いた自由の橋。
(兵士たちが自由万歳と言いながら渡ったことから命名)
 
 
北に続く先は、有刺鉄線で遮られている。
 
 
こうした場所は 今では
家族との憩いの場でもあり、
デートスポットでもあり、
我々のような観光客が気軽に訪れる場所となっている。
 
冒頭の写真は 
平和へのメッセージが書かれた 平和のリボン。
 
 
午前は ここまで。
 
お昼のブルコギを頂く。 
 
 
なかなか美味しかった。
 
そうして JSAへと進む。
 

ここから バスの中からでも 写真撮影制限が始まる。
 
続く・・・・
 
 
予告
 
 
。。。。。顔見せられない。 緊張した。
 
 

 
2018-08-12 23:54:12

2018 板門店(JSA)ツアーPart1 江南で参鶏湯

テーマ:2018.ソウルひとり旅
 
 
 
初秋刀魚小さき欠片を粥に載す                ますみ
 
 
 
 
昨日 ソウルから戻りました。
旅記事は3回で終わらせる予定です。
お付き合い頂けたら嬉しゅうございます。 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
今回のソウル旅は 
台風とのセットで一生忘れられないと思う。
 
何? と思われた方は 成田からの過去記事を確認していただければ。
 
 
更には 旅運が強い自分を再確認し、にんまりでもあった。
 
このまま欠航を味わうことなく 海外へと突き進めたらなぁ と心から思う。
残り人生そんなにないし。
 
さて。
 
予定時刻の 15時前に 仁川国際空港に到着。
 
時間に余裕あるし、
最近は 金浦からが多かったので 
久々の仁川を堪能しようと目論んでいたが
 
台風騒ぎでホトホト疲れてしまい、
前泊からの椅子寝の身体の疲れもあり、
 
10分ほどウロウロして 断念。
早々に 前前記事の冷麺に飛びついた。
 
ここで ちょっとしたアクシデントが起った。滝汗
 
丼が大きくて
向こう側に置いた紙コップが隠れてしまい
あの写真を撮っている時
 
ひとりで食事をしていた隣の女学生からの視線に気づき目
 
 
 「何???何???????」 と 慌てて確認すれば、
紙コップが倒れ 水がこぼれて 彼女にもかかってしまったようだ。
 
やっば!!!
 
でも 大量ではなかったし、
彼女が 大丈夫です というジェスチャーで何度も 笑ってくれたので
 
優しい人で良かった。 と感謝しながら食事に戻り、
 
途中で 
そうだ!とひらめき電球 ひらめいて
日本から持ってきた私のお気に入りの 動物のべっこう飴をお詫びとして
ふたつ渡したら、
 
いえいえ そこまでなさらなくても 
 
のジェスチャーだったが 最終的には嬉しそうに受け取ってくれて
 
彼女が席を立つときに、
 
「アメをありがとうごぜいま・・した?」
 
と たどたどしくとも 一生懸命 日本語を披露してくれたのだった。
 
おぉぉ~。
 
嬉しいなぁ。
友達に日本人がいるのか? 
日本に興味があって 勉強しているのか?
何にせよ 発音からして まだまだ覚えたてと思われるのに、
思い切ってTry してくれたことが 清々しくて。
 
私も頑張って 韓国語使おう! と 刺激されたのだが、
 
初日から最終日まで
アニョハセヨ  と カムサハムニダ
しか、使わなかったような・・・・・・・チーン
 
 
 
お腹も満たされホテルへと向かう。
 
仁川からの鉄道移動で、少々緊張。 
(今までは車で迎えにきてもらっていた) 
 
 

A’REX 
 
便利ね。
 
 
 
 
今回は 江南のホテルなので 金浦空港で 9号線に乗り換えて1本。
 
迷うことなく最寄り駅のシンノンヒョンに到着。 
楽チン楽チン 1時間半くらいだった。
 
  ← こちらの路線図が大活躍だった。 
発と着を入力すればコースと時間がでる。
 
駅から3分の 韓国 オクラウドホテル 
なかなか良かった。
 
 
チェックインして 街へ繰り出した。
 
 
ネオンが灯ってくると クタクタだった身も心も元気になるのよね。
 
 
 
江南駅に行ったり 1時間ほど歩いて ホテルの近くまで戻り、
選んだお店&メニューはこちらの参鶏湯(サムゲタン)
 
    ※鶏一匹まるまる使う、
     漢方の王道的存在の高麗人参やニンニク、 ナツメ、
     クリ、もち米などをお腹に詰め込んで一緒に煮込んだタン(湯・スープ)料理
 
正直 ぶっ倒れそうなくらい疲れていたので 飛びついた。
 
 
明洞の外人向けのお店では 
肉をばらしたものがでてきてがっくりきたが、
こちらは 本格的!! 栗もある デレデレ
 
 
キムチなどのパンチャンも美味しかった。 
ビールと共に 幸せなひととき。   
 
 
 
また行きたいお店であり、
 

 
今度は 絶対!!!アワビサムゲタンにしようと思う。 照れ
 
 
この街は遅くまで賑やかで ひとりで歩いていても安心だ。
 
このシティツアーも面白そう。
 
 
 
有名企業が立ち並ぶ高級地帯の江南。
 
 

 
1日目は 水をこぼした以外は順調だ。
 
 
②へ続く。
 
 
 
2018-08-11 07:10:03

板門店

テーマ:2018.ソウルひとり旅



とても緊張した。

普段味わう事がない、
不思議な緊張だった。











帰国したら、
夏休みに入っているので、
一気に旅行記終わらせそうだ。




韓国は、日本同様
あり得ない暑さに喘いでいる。

やはり近い国だと思う。

でも、ある意味。
遠い。


それでも
私の好きな韓国を握りしめ
きっとまた来る。

これからシャワー浴びて
あと少しの自由な時間を楽しもう照れ



1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス