4/18(木)は七赤中宮【気学講座】今の最善 | 【気学】で毎日はもっと工夫出来る#沙有理

【気学】で毎日はもっと工夫出来る#沙有理

気学(九星気学)は、方位や相性、運勢、風水、家相、姓名鑑定だけでなく、九星の性質からは、本命星に限らない、誰にでも参考になる考え方を学べるものでもあります。
毎日をもっと活かして成長していける気学をお伝えします。


テーマ:
4/18(木)は七赤中宮です。

七赤金星は日没の星。

今の時代、日没と言っても

暗くなれば電気をつけることが出来ます。


でも大昔は、日没となると、

下手に動くことは出来なくなったでしょうし、

楽しい日中が終わってしまった、

という寂しさも起きやすい時間。


でも必ずその日の労をみんなで分かち合って

明日への準備をして、寝て起きたら

朝日はまた昇ってくれる。


目線を、今、の寂しさに向けるのか、

少しだけ先の、光に向けることが出来るのかで

朝になるまでの準備が違ってくるはず。


また逆に七赤は悦びという意味があるけれど

悦びの時間もいつまでも続くわけではない。

何事も循環。


今という時間を大事にすると同時に

今という時間に固執しない。


そのとき一番の最善を

常に刻一刻と考えて選んで進んでいく。


気学がわかると

今の最善を考えられる習慣が身に付いてきます。

田中 沙有理 (sayuri tanaka)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ