改革の年の決意の月、講座案内 | 【気学】で毎日はもっと工夫出来る#沙有理

【気学】で毎日はもっと工夫出来る#沙有理

気学(九星気学)は、方位や相性、運勢、風水、家相、姓名鑑定だけでなく、九星の性質からは、本命星に限らない、誰にでも参考になる考え方を学べるものでもあります。
毎日をもっと活かして成長していける気学をお伝えします。


テーマ:
昨日の記事にもチラッと書きましたが、

今年は八白中宮で改革の年。

今月は一白中宮で決意の月。


今年の十干十二支は己亥で

これまで伸びていたものが

一度整理されて、核が残る流れに。


昨年が戊戌で、

伸びていくものに乗れるか

現状維持して衰退してしまう流れに運ばれてしまうのか、

九紫火星の年でもあり、分けられてしまう年。


気学は気づいたところから行動すれば、

いくらでも変えていけることを学ぶもの。


それでもやっぱり分岐点で大きく分かれていくから

当然早ければ早い方が

それだけやらなかったときの自分とは違ってしまうもの。


私もひょんなことから気学を知って、

ネットで情報を集めて勉強して。


でもそのうちどれが正しいのか、

何を信じればいいのか迷う中で

紗永さんのブログに出会って、メールで学ばせてもらって。


ブログでも十分情報発信をされているから

わざわざ学ばなくても、と思えそうなものだけれど、

今まで6年学び続けてきて、

6年前とは考え方も自分自身の安定感も全然違う実感があるし、

あのとき実際のところ料金的にも迷いはありましたが

一生ものの自分を手に入れられた、ということから考えても、

スタートして本当によかったと思えます。


やっぱり先生について学ぶこと、

そしてメールという、時間も場所も超えて

いつでもやり取りが出来ること、

これが私の土台改革に大きくつながっていると実感しています。


月に一回、多数の中の一生徒として学ぶことも

仲間との学びは一人では得られないものがあるし

私ももちろん今もそれは平行してやっていること。


でも学びはアクティブラーニングが大事。

月に一回の質問と

毎日のように質問出来る状況では

やっぱり違うもの。


日々の些細なやり取りの中から

勘違いが見つかることもあるし、

気づきも多くなるもの。


そして私自身メール講座の良さを実感しているからこそ

メール講座をやらせてもらう立場としても

試行錯誤してきました。


そんな中、先日の記事にも書いたのですが、

お腹の中の子供が10ヶ月で産まれてくるように

やっぱり受胎から9つの星の経験を経て生まれてくる

という考え方からも

村山先生が10年学んで、と言われていた言葉からも

せめて10ヶ月、プラス前後の一ヶ月ずつを足して

一年学んでいただくことで

しっかりした基礎作りをしてもらうことが大事と考えました。


占いジプシーという言葉も聞いたりしますが

占いに限らず、心理学、自己啓発、

何でも種は良くても、土作りができていなければ、

草木の生育も理想の生育とは違ってしまうはず。


しっかりした土台を作るための気学をお伝えする。


本気で切り替わっていきたい方のために

時間を使っていこうと思っています。


一年かけて、じっくり私の学んできた気学を学んでみたい、

という方を募集します。


期間中は質問も追加料金無料でお受けしますし、

日々の自分の身の回りで起きてきたことからの

廻座の読み取りの話もするので、

九星の理解も深まりやすくなっています。


難しいことは苦手な私だから言えますが、

試験などの暗記物とは違う、

つながりからの広がりの楽しさも味わってもらえると思います。


お申し込みは下記までお待ちしております。


田中 沙有理 (sayuri tanaka)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ