一白中宮の日からの学び

テーマ:
今朝は

ナンバー1の車を1台
ナンバー11の車を1台
ナンバー111の車を2台
ナンバー1111の車を1台

見かけました。
1祭り?

今日は一白中宮。
一白の数字は1と6

中宮の数字もよく目につきます。


また昨日は東の恵方参りをして、

なんだかウキウキのまま、夜も早く布団に入れて

いやぁ、東の恵方参り、遠いけど

今年たくさん行こう! と

嬉しい気持ちいっぱいに寝たおかげか

今朝は早い時間なのにスッキリ目覚めて

気持ちよく過ごしていたはずなのですが。


今朝の母の日盤吉方取りにおつきあいした帰りぐらいには

なんだか体がダルくなってきて、

そんな日に限って、

また別途近場だけれど車を出す用事があり

なんとか集中して往復してきたけれど、

体調は微妙なまま。


一白の日らしいな、って感じです。


一白の日はやっぱりすっきりしなかったり、

体がだるかったり、眠かったり、

母は今日忘れ物をした!と言っていましたが

忘れ物したり、ということが起きやすいです。


何故そうなったか、という

裏の成り立ちはあると思いますが、

それより大事だと思うのは、

そこから何を学んで進んでいくかということ。


一白の日はやっぱり苦労に思うことが多いです。

でもそんな中で、その苦労の状況に合わせて、

今の自分に何が出来るか、

ということを考えるチャンスのとき。


長い人生の間、

いつもいつも順風満帆じゃないわけです。


でもうまくいくときは、意気揚々でも、

うまくいかないとき、もうダメだーっ…と

落ち込んだり投げ出したりしてしまうのか。


ダメな中でも、何が出来るかと考えたり、

体調が悪くてうまく頭が働かない中で

体調に合わせる、ということを

体から学ばせてもらったり。


うまくいかないときの過ごし方を

一白水星は教えてくれます。


今日は信号待ちも

長く待たされることが多かったりして感じたことは、

焦っても、動かないときは動かない。

回りのペースに合わせて自分も動く。

動かない時間に何を考えるか、どう有効に使うか、

ということを学べたと思えました。


気学で九星のことがわかると、

相性や運勢、最大吉方の活用などももちろん出来ます。

でもそれ以上に、日々の過ごし方、考え方の

基礎がしっかりしてくるので、

些細なことに不安になったり、悩んだり、

ということが無くなってきます。


気学の基礎から活用まで、

それぞれの生活に密着した気学をお伝えします。