1/18(金)は七赤中宮

テーマ:
七赤金星は出すと入るの星です。
そして現金の星でもあります。

現金が入ってくることは誰でも嬉しいでしょうが、出す方はどうでしょうか?

やっぱりなるべく出したくない、なるべく使わずに留めておきたい、と思ってしまうかもしれません。

でも食べ物もとどめておけば腐ります。
溜まり水もそのままにすれば腐ります。

やっぱり動かすことは必要なこと。

どうせ必要なことなら、自分にプラスになることで出したいもの。

食べるもの、欲しいもの、色々使い途はあると思いますが、食べる幸せはその食後わずかな間ぐらいでしょうか?
欲しいものも壊れたり、手に入れることで欲しかった気持ちが離れたりすることもあるでしょう。

でも学んだことは残ります。

もちろん、学んでも忘れることはあります。
昔習ったけどなぁ、なんてことはあると思います。

でも学んだ内容は忘れたとしても、その学んだときに得た感覚はどうでしょうか。

よく、どうして怒ったか忘れても、怒ったことは忘れない、なんてこともある話し。

学びで得る感覚とは何か。

今まで知っているつもりだったものも、ものごとが深くわかることで、見方が変わる、変えられる悦びを知る感覚。

わからない、と思っていたことも、知りたいと思えば理解できるようになってくる、自分の可能性を広げられる悦びを知る感覚。

この悦びの感覚は、生きていく上で必ず自分を支えてくれる経験になるもの。
きっとそれは出したお金以上の価値。

そうやって、どうせお金を使うなら、学びという、のちのちにまで自分に残る、活かせるものに使うと、七赤金星にはお酒、という意味がありますが、それは自分の中で良い形で"熟成"される、ということにつながります。

それにしても不思議なもので、今回も書きかけては、なんだかしっくりこなくて、どうしようかと思っていたら、別の方から質問をいただいて、お返事を書くのに、七赤金星に関連するお話をすることになり、そのお返事を考えているうちに、この話しを書くことが出来ました。

気学の活用で自分の気を整えていくと、欲しいもの、欲しい情報が手に入るようになります。

でもこう書くと、何か特別な力で引き寄せたみたいに思えるかもしれませんが、引き寄せられる"行動が出来る自分"になっていくのが気学の知恵。

だから気学に特別な力があるとか、何かスピリチュアル的な力とか、理屈で言えないようなものの力ではなく、行動に対して結果がついてくる、という至極単純で嬉しい現実を正しく知ることが出来るから、やる気に満ちるし、結果もついてくるもの。

自分が頑張った結果なんだ~、と感じられることは正直嬉しいものですよね。(笑)

行動することが楽しくなってくる気学をお伝えします。
大阪近郊での対面での気学講座、日盤吉方取り講座、また遠方の方やお忙しい方はメールやLINEにてお教え致します。