明日は五黄中宮、豚肉と塩こうじ | 【気学】は毎日の生活から学べて活かせる【生き方の解説書】#沙有理

【気学】は毎日の生活から学べて活かせる【生き方の解説書】#沙有理

気学は九星気学などの言葉にも使われ、方位や相性占い、運勢を見るためのツールにも使えます。
でも、もっと毎日の生活に密着した、生き方の根幹になる部分も学ぶことが出来ます。
私は、毎日の生活から学べて、活かせる、生き方の解説書となるような気学をお伝えします。


テーマ:

明日は黙って行動あるのみ。

晩ごはんは豚肉を塩こうじに漬けて焼きましょうか。

 

さて、明日は五黄中宮。

何か問題が目について不満の気持ちが起こりやすい。

 

なんでこうしないのか、ああしないのか、モヤモヤするとき、気付いた人がやるスタンスを身に着けると一生ラク。

 

ちゃんとやるように、と言いたいなら、そこが気になって仕方が無いからお願い、と頼む姿勢がいい。

 

なんでこっちが頼まなきゃいけないの?と思うかもしれないけれど、モヤモヤするのは自分なのだから、そのモヤモヤを解消するためにお願いする。

 

そんな考え方を持つだけで生きることがラクになってストレスは減る。

 

でも親にあれこれ指図されて育ってくると、自分も誰かを指図し、従わせよう、というシステムが働いてしまう。

 

でもどこかで断ち切ればラクになるなら、気付いたところから断ち切ることで、自分も周りも幸せになれる。

 

今月は六白中宮。

戌の月。

戌は滅する字に通じている。

 

人生全体を考えて不要なことは断ち切る。

九紫中宮の今年は知恵が働く一年。

 

どうすることがかしこいのか。

 

不満に思うことが起きた時、どう行動するのか。

怒りをぶつけるのか、我慢してあげるのだと上から目線になるのか。

自分のやれることであれば黙々とやるのか。

やれなければお願いするのか。

 

人間力が試される。

生き方を学ぶ気学講師・沙有理さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス