今日はコロッケもいいですよ♪

今月は六白中宮で完成の意味もあり、包む意味もあります。

全てを包む度量の広さ。

ちょっとしたことでイライラしない。

やれることは自らやる。

それが完成にも通じていく。

八白土星は家、親族の星。

自分の守るべき家、親族、部下などのために何が出来るか全力で取り組む。

中には面倒な人が含まれていても、色々な意見を言う人たちがいて、一つを構成していることを忘れない。

重い荷物は持てる人が持つ。
それは重い荷物を持てる体を与えられた使命。

守るべき立場にいる人は常に全体を見て動く。
それが出来る力があることを自覚して活かすこと。

やれる力があるなら、やれない人にケチをつけるのではなく、自らが動く。
そんな簡単なことで人生はいくらでも良くなっていく。

自分のやれる力を活かしてくれるのは、力を貸して欲しい人たちのおかげ、とも言えることを忘れない。
そういう人のおかげで自分の悦びにつながっている。

気学がわかると、どうしてそうすべきなのか、という理屈がわかるから動けるようになり、動けばそれなりの結果があとからどんどんついてくる。

やりたい理想はあるのに、なかなか出来ない、と思っているなら、気学は最適。

行動につながる気学をお教えしています。

気学講座のお問い合わせは下記までお待ちしております。