今日は一白中宮、明日は九紫中宮 | 【気学】は毎日の生活から学べて活かせる【生き方の解説書】#沙有理

【気学】は毎日の生活から学べて活かせる【生き方の解説書】#沙有理

気学は九星気学などの言葉にも使われ、方位や相性占い、運勢を見るためのツールにも使えます。
でも、もっと毎日の生活に密着した、生き方の根幹になる部分も学ぶことが出来ます。
私は、毎日の生活から学べて、活かせる、生き方の解説書となるような気学をお伝えします。


テーマ:
福を呼ぶ掃除術。

それは掃除をするとき、「福を呼ぶため」と意識するだけ。

掃除がどうして嫌になるのか。

目的が
「嫌なことを片付ける」
「仕方がなくやることを片付ける」
「嫌なことを片付ける」

そういうスタンスだから。

それがちゃんと「福を呼ぶことになる」のだという自覚があれば、掃除だって何だって出来てしまう。

人はそれぐらい自分のやりたいことに貪欲。

掃除は面倒。
でも苦労なことをあらわす九星は一白水星。

一白水星はその苦労が何のためか、という芯を持つから、その苦労の一滴が大河へとつながる。

そしてその大河へとつながった水面は、誰もがうらやむ輝きを放つ。

苦労に思える行動も、すべては自分のやりたいことのため。
そうやって放つ輝きは、抱えている問題に光を当て、解決の道筋すじが見えてくる。

つまらなさそうな部下や子供をどうしたらいいか悩んだら、それが何につながっているのかを繰り返し意識させてあげること。

方向性を見失った船は行き先が無くさ迷うだけ。

大事なことは目的を見失わないこと。

そうすれば何だって出来る。

気学は生きる上で単純に必要なことを、どうして必要なことなのか、九つの星に分類して頭の中を整理することで、納得して前に進んでいけるアイテムだと感じています。

毎日が充実してくる気学をお伝えします。
一回のご相談、ご質問は5千円になります。

気学講座に関しては学びたいスタイルをご相談ください。
下記までお待ちしております。

生き方を学ぶ気学講師・沙有理さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス