恐る恐る

テーマ:
今朝は雨も風も止んでいたものの、各地に大雨による特別警報なども出ているため、日盤吉方取りはどうしようかと思案。
今降っていなくても、土砂災害はどこが起きるかわからず、こんな日に限って9日に一度の遠方にしか吉方が無い。
そこへ行くにはトンネルをくぐらないと行けないし、そこへ行くまでのルートもちょっと怖そう。
万が一、ということを考えたら辞めようか。
でも別に出掛ける予定もあるから日盤吉方は取りたいな…と色々考えて、結局普段滅多に取らない反対側の、さびれた田舎駅の自販機まで日盤吉方取りに行ってきました。
そちらも山の横は通るものの、トンネルはないし、まだ少しだけ距離も近いし。
結局無事行って帰ることが出来、久しぶりに飲んだキンキンに冷えた自販機のカフェオレがすごく美味しくて、帰りはアイボリーの222の車も見たし、たまにはいいなぁと嬉しかったです。

今日の吉方は南西六白。
南西は後天定位二黒で甘い。
六白は完成、充実。
甘いカフェオレが美味しく飲めた。
九紫中宮で九紫の数字は2
南西六白の帰りは北東三碧方位。
北東は後天定位八白で色はアイボリー。
三碧の数字は3

すべてが気の通り。
こうやって毎日毎日実感を得られるから、気という一見見えないものもそこに存在しているのだろうと思えて、どんどん活用していこうという原動力にもなる。

毎日の日盤吉方取り、仮吉方や吉方引っ越し、名前を変えても、本当かな?こんなこと何になるんだろう?という思いが自分の中のどこかにあれば、やっぱりこんなものたいした役に立たない、という未来を自分で選んでチャンスを失ってしまうことになりかねない。

人は自分の経験しか信じないところがあると思う。
本当なんだ、という経験を着実に積み重ねていくことは、自分の中の無意識の猜疑心を消してくれる。